2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1499人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本大学
生産工学部/第一部(昼間部)学部

no image

写真

内浦空大くん

東進衛星予備校稲毛校

出身校: 磯辺高等学校

東進入学時期: 高1・8月

この体験記の関連キーワード

沢山の目標をたてて、それを目指ず

 東進では、学校の授業の先取りや復習を行っていました。学校で数学の授業についていけず、悩んでいたときに東進に入学し、授業を受けて苦手を克服することができ、数学が得意になりました。その後も数学の受講を続けていたため授業で困ることはありませんでした。また、高速マスター基礎力養成講座の英語をやることで着実に英単語を覚えることができました。

東進には、学校から帰って向かうようにしていました。これから入学する方や既に入学している方は、登校が面倒でもしっかりと登校してほしいと思います。そして、高速マスター基礎力養成講座はとにかくやり続けると覚えることができるので一日にどれだけやるか等決めて継続することをお勧めします。

疲れているときに詰め込もうとしても効率が悪いので、休むときは休む。とメリハリをつけて勉強してほしいです。今後は東進で学んだ数学をもっと得意にしたいと思っています。そのためにも数学検定準1級、そして1級も目指したいと思います。目標を立てることは自由なのでみなさんも沢山の目標をたてて、それを目指して頑張ってください。目標を達成しても新たな目標を作り、努力を続けてほしいと思っています。頑張ってください!応援しています!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

面談したときはヤル気が沸きました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の経験などを話してくれるので気軽に相談できました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解説もしてくれるので復習しやすい。

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業で自分の好きなときに学習でき、体験授業も行っていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

入学した頃、英単語の小テストを行っていたのを覚えています。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

招待講習で授業を受けて苦手に思っていたところを改善出来ました

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

やりたいことができると思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

遊びたくて辛かったです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

機械化してゆく世の中で、機会操作が苦手な人でも操作できるようにわかりやすいプログラムを製作したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
好きなときに受講できる。

高速マスター基礎力養成講座
やるのが面倒だったが、意を決して望んでみると短期間で集中するとかなり覚えられる。

東進模試
様々な模試を行っている。

Q
おすすめ講座
A.

【 高等学校対応 数学Ⅰ・A-標準- 】


【 高等学校対応 数学Ⅱ-標準- 】


【 高等学校対応 数学Ⅲ-標準- 】


 日本大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

高等学校対応 数学Ⅰ・A-標準-

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

"学校の数学Ⅰ・Aの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。
以下の単元は講習講座のみの設置です。数学Ⅰ・Aをマスターするための必須講座です。
データの分析(90分+演習)×3回+講座修了判定テスト1回 担当講師:志田 晶先生
整数の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:大吉巧馬先生
図形の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:大吉巧馬先生"

90分×25回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅰ・Aの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒

高等学校対応 数学Ⅱ-標準-

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

数学Ⅱの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。

90分×24回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅱの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒