2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

長崎大学
環境科学部

no image

写真

湊光平くん

東進衛星予備校いわき駅西校

出身校: 磐城桜が丘高等学校

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: バドミントン部

引退時期: 高1・1月

この体験記の関連キーワード

東進の活用

 正直、真面目に勉強し始めたのは高三の4月からでした。それまではただ授業を受けているくらいでした。しかし、国数英社の4教科の点数が4割前後、また理科に関しては受講すらしてないという状況に危機感を感じ、勉強を始めました。

初めにしたことは英語と数学の高速マスター基礎力養成講座の受講でした。英語は英単語、熟語、文法を完全習得したところ、他の友達より英語ができるようになったと感じました。

5月上旬までに数学と英語の高速マスター基礎力養成講座を完全習得し、夏休みまでは英語の高速マスター基礎力養成講座の復習と受講と古文単語をしていました。受講に関してはその日のうちに復習を30分するようになりました。

夏休みに入ってからはセンター試験の過去問や東進の過去模試を解いたり見直しをしたりしていました。センター試験までに苦手なところを集中してやり、2回目以降は絶対に間違えないように意識して勉強をしていました。当たり前のことですがこれを意識するだけでもぜんぜん違うと思います。

12月の模試ではほとんどの教科で目標点数がとれましたが生物だけが4割前後と思うようにいかず、悩みましたが簡単な基礎に変更しました。3週間くらい基礎を集中してやったところ、自分でもびっくりしましたがセンター試験の本番では9割をとることができました。二次試験の勉強では数学と生物にしぼり、長崎大学の過去問はもちろんのこと、数学はいろいろな大学の過去問を解き、生物に関しては教科書の単語を理解して覚えました。そして、第一志望の長崎大学に合格することができました。

ほとんどの教科で作戦がうまくいったと思っていますが英語のリスニングだけが勉強する時期が11月と遅かったので最後にいい点数がとることができませんでした。センター試験ではリスニングの配点が低かったため救われましたが、共通テストでは違うらしいので後輩の皆さんはリスニングは早めにやっといたほうがいいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

高速マスター基礎力養成講座を毎日やれと言われたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

授業がうまかったから

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業。ほんとうに先生っているんだなと思った。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

しばらく勉強をしない

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東大生の努力を聞いてまだまだだな、、、と感じながら勉強した

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学びたい教授がいる

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル生物 PART1 】
毎日数学の勉強をしたい気分になる。授業がわかりやすい

【 ハイレベル生物 PART2 】


【 入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破) 】
センター試験をよく調べていることがわかる。

 長崎大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5

志田晶先生

入試対策:センター試験対策数学Ⅰ・A(70%突破)

基礎を固め、センター数学Ⅰ・Aで70%を突破

前半で、センター試験頻出の基本項目をもれなく学習し、後半ではセンター試験レベルの問題を題材に、学習を進めます。本番で絶対落としてはならない基本的な問題を中心に、基本事項の総整理と解法対策の両面からセンター試験を攻略します。※ センター試験対策数学Ⅰ・A(90%突破)と内容が一部重複しています。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で数学Ⅰ・Aを受験する生徒、センター試験数学Ⅰ・Aの過去問等の得点率が40%未満の生徒