2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東洋大学
文学部/第1部学部

no image

写真

田中翔大くん

東進衛星予備校稲毛校

出身校: 千葉市立稲毛高等学校

東進入学時期: 高1・2月

所属クラブ: バレーボール 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

最後まで支えてくれた担任助手の方

 一年の冬に東進に入学し、最初は基礎の英文法などから始め、二年生の冬から受験に使う科目や、具体的にどこの大学を志望するのかなどを決めました。はじめは東進に来ても何をしたらいいのかわからず、戸惑うことも多かったですが、校舎長や担任助手の方などに教えていただき、徐々に自分のすべきことを理解し、東進に来てやることが決まっていきました。

自分は英語が苦手で、学校の英語の授業もただ受けているだけだったのですが、高速マスター基礎力養成講座を使い、講師の先生がおっしゃるように音読や復習などをやっていると、だんだんと学校の英語の授業にもついていけるようになり、学年でも上に順位に入るようになりました。

3年生の夏になると、勉強時間が長くなり、ストレスが溜まるようになっていきました。そんな時、ストレスの解消になっていたのが、校舎にいる担任助手の方たちとの会話でした。何気ない会話や勉強での悩み、受験期どのように過ごしたかなどを聞きました。そうすることによって、自分がこの先どのように生活していけばよいか、どのような勉強をしていけばよいのかなどを知ることができ、さらに、話すことによってストレスを解消することができました。

自分は後期まで受験したのですが、その時力になってくれたのも担任助手の方でした。受験本番の前日に電話をかけてくれたり、自分が後期受験した時の心の持ちようなど、私のことを応援し続けてくれました。

今後は史学科に進むので広い知識や自分の歴史観に基づく考えを持った社会の教員になりたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分がやるべきことをやっていなかったりするとしっかり叱ってくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

次に何をすべきかなどの方針を立てられたこと。実体験を話してくれたので共感を得られた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

どのタイプの問題が苦手なのか把握できた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

有名だったから。広告を見たとき、講師の先生がたくさんいたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

何事にも流されない力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業によって、モチベーションが向上した

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

後期試験の直前。友達や担任助手の方などの励ましでもういちど頑張ろうと思えた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

周りの環境。東進に来るとみんな頑張っているから自分もやらないといけない気持ちになる

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

日本史を学びたかったから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

勉強だけでなく様々なことに気づき、学ぶことができた機会

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分の持っている知識、考えを他人に伝えること。教師

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
復習の時間や、演習の時間が増える。

担任指導
一週間自分が何をすべきなどの方針が立てられる。

公開授業
モチベーションが上がる。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
流れを意識した授業なので、分からなくなったら何度も見返してた。

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】
今井先生の雑談により、授業が面白可笑しく展開され、理解しやすいから。

 東洋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

今井宏先生

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒