2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
工学部

no image

写真

山本恵輔くん

東進衛星予備校小倉平和通校

出身校: 小倉高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: テニス部 副キャプテン

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

講座や受講のペースを自分にあわせて決められ、部活と両立できた

 僕は中学校卒業後、中学生のときに通っていた塾に勧められて東進に入学しました。

僕が東進に入学して一番良かったと感じたのは、受講する講座や受講のペースを自分にあわせて決められたことです。校舎に通う余裕がなくても、自宅受講などによって学習を継続でき、練習が週に5,6日ある部活との両立も成し遂げることができました。校舎に通えないときも、先生方は電話などを通じて僕のことをサポートしてくださいました。

また、高校一年生のころから定期的にセンター試験本番レベル模試を受けることで、常に自分と志望校との差を意識し、勉強のモチベーションを保つことができました。また、高校3年生の時にはセンター試験や二次試験の過去問添削を利用することで、試験対策を充実させることができました。

僕が受講してきた講座の中でもっともおすすめの講座は、「ハイレベル物理」です。内容は難しいのですが、公式を丸暗記するのではなく、その過程を物理の原理から説明してくれるので、公式の暗記だけでは対応するのが難しい、難関大の問題を解くときに非常に役立ちました。

正直なところ、僕は漠然と研究職につきたいと考えてはいるものの、まだやりたいことを明確に見つけられたわけではありません。しかし、京都大学工学部物理工学科という、最先端の研究にもかかわることのできる環境に身をおくことで、視野を広げ、自分の夢を探していこうと思います。

僕は、家族、友人、高校や東進の先生方といった多くの人々に支えられて合格をつかむことができました。これからも、東進でやってきたように、自分のペースで日々成長していけるよう努力していきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の成績があまりよくなかったときに励ましてもらった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の成績があまりよくなかったときに励ましてもらった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

高校一年生の頃から受け続けることで、問題の傾向や時間配分の仕方を身につけることができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで学習を進められるシステムに魅力を感じたから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

工学系の研究職につき、工学の観点から環境問題の解決や発展途上国の人々の支援等に役立つものを開発し、普及させる。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
開催数が多く、自分の実力を定期的に確認できる。

過去問演習講座
添削が早く、自分の実力をすぐ把握でき、解説授業によって自分に足りない部分を対策できる。

学力POS
自宅受講などのシステムを活用し、自分にあったペースで学習を進めることができる。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
公式の暗記ではなく、物理学の原理から説明をしてくれるので、難関大学では頻出の微積分を用いた問題を解く際に非常に役に立つ。

【 過去問演習講座 京都大学(全学部) 】
実際に採点してもらうことで、自分の正確な実力を測るとともに、解説授業を受けることで、自分に足りなかった部分をすぐに知ることもできる。

【 過去問演習講座 センター対策 】
自動で採点されるため、自己採点の手間や自己採点ミスを気にしなくて良く、また解説授業によって知識の抜け漏れを埋めることもできる。

 京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 15