2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

金沢大学
医薬保健学域

no image

写真

池田璃穂さん

東進ハイスクール長野校

出身校: 屋代高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 硬式テニス

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

意識が大きく変わったのは英語の公開授業

 私は高校入学と同時に東進に入りました。初めは高校最初のテストで結果がひどかったのもあって、高速マスター基礎力養成講座や受講に積極的に取り組んでいたのですが、夏休みに入って部活が忙しくなると、登校しなくなってしまいました。

そんな私の意識が大きく変わったのは高1の冬で英語の公開授業です。私は「受験までまだまだ先だからそんなに考えなくても大丈夫」と思っていたけど、英語は高2の終わりにはほぼ基礎を固めて後は試験問題になれるだけという状態にしておいたほうがいいと言われ、あと一年と少ししかないと気づきました。

受講や高速マスター基礎力養成講座の年間計画を立て直したときに、自分がいかにやるべきことを怠ってきたかを認識でき、部活が終わった後は東進にきちんと行くようになりました。電車の中などでは高速マスター基礎力養成講座をやり、先を見据えた勉強が出来たので、いざ受験生になったときに、今までの積み重ねがあったおかげでほかの科目に多く時間を費やせました。東進に入って早い段階で受験についての話が聴ける機会があったのはほんとに良かったと思いました。過去問演習講座は、記述式の場合は自己採点が難しいので、採点してもらえてとても良かったです。

前期で志望大学に合格できたので三年間通い続けて努力して良かったと思いました。まだ自分の夢である医療現場で働くことへのスタート台にたっただけなので大学に入ってからもこの高校三年間で改めて学んだ地道に努力することの大切さ忘れないでやっていきたいし新しいことにもどんどん挑戦していきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

進路を決めるのに的確なアドバイスをくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

二か月に一回模試があり自分のレベルが分かるから

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

親の薦め

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

単語のテストをしたときに他の人が自分よりも全然答えられていてすごいと思って自分ももっとやらないといけないと思った

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

友達ができて学校生活が充実して楽しいものになったのでよかった。我慢強く続けることが身についた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の志望校と自分の実力の差を感じてやらないといけないと思った

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

早い時期からどこにいきたいか、そのためにはなにをしなければいけないのか考えて地道に勉強を続けていくこと

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

看護師になって多くの人を助けたい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
どこでも英単語の勉強ができるから

過去問演習講座
採点してもらえるからどこを書き直したほうがいいかわかりやすい

公開授業
生ですごい先生の話が聴けるから

Q
おすすめ講座
A.

【 上位国公立大総合英語 】
話が面白くてわかりやすい

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(標準) 】
英文の構造からしっかり説明してくれてわかりやすい

【 スタンダード化学 有機化学 】
印象に残る暗記法を教えてくれて覚えやすい

 金沢大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

今井宏先生

上位国公立大総合英語

地方国公立大レベルの二次・記述試験対策

千葉大、首都大学東京、横浜国立大など、上位の国公立大学の二次試験で出題される記述問題に対応できる力をつけるための講座です。勘所をしっかりと押さえれば、記述問題も恐れることはありません。記述問題を得点源にして差をつけられる実力を手にしましょう。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:上位国公立大の二次記述試験対策をしたい生徒