2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
農学部

no image

写真

佐賀愛美さん

東進ハイスクール西新井校

出身校: 新宿山吹高等学校

東進入学時期: 高1・8月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進に毎日来ることで頑張らなきゃと思えた

 高1の夏友達に誘われ東進に入学しました。私はバスケ部に所属していてとても忙しいまいにちでた。東進に来る時間も遅く東進にいられる時間が短いのに疲れて東進で寝てしまうことがよくありました。私が東進に入った目的は、家で勉強ができないため勉強場所を確保することでした。とりあえず目標は学校のテストでクラス1位を目指して頑張ってました。学校のテストは範囲が決まっていたため成績は安定してました。でも東進模試が全くできずそのまま高2になりました。高2で学校のクラスが上がることができましたが、クラスが上がってから学校の勉強もできなくなり部活はきびしく精神的にかなりきつくなり私立だったのを親に頼んで転校させてもらうことまでしました。

高1から、英語は高3になってから伸ばすのは難しいから高2までにしっかりやっておいたほうがよいといわれ、高3になるまえくらいまでに高速マスター基礎力養成講座の上級単語は終わらせました。そのおかげで単語と熟語は結構わかるようになっていました。長文が全く読めずにずっと悩んでいました。私が英語が得意になったきっかけはひたすら英文を読んだことです。文法とかはだいぶひどかったので高3の夏休みに参考書をくりかえしやりました。そこからある程度英語が得意になりました。

反省点は勉強の切り替えがうまくできず机に向かいながらボーっとしている時間がとても多く休憩をいれながら効率よくできなかったところです。そんな私なりに頑張って勉強していましたが高3の最終模試でもE判定で一回も第一志望校の判定があがることはありませんでした。それでも第一志望校にはいりたかったため、東進の壁にはってあった’東進に毎日来てる人のほうが合格率が高い’という表を信じて毎日東進へいき第一志望校以外の受験が終わったあとも東進にきていました。東進に毎日来ることでよかったのは家だと気がゆるんだり自分に甘くなっちゃうけど東進にくると周りがすごい頑張ってるから頑張らなきゃとなり頑張れたところです。

私は第一志望校対策講座という解説授業つきの過去問講座をとっていたため第一志望校の受験一週間前に過去問10年分をとき解説を何度も聞きました。本番は化学は過去問10年分の成果がでたと思いましたが国語と英語が自信ないままおわってしまいました。そんなとても危ない受験だったけど補欠でしたが無事合格できました。

受験において私が大切だと思うのはもちろん努力は必要だけどどんなに頑張っても判定がよくなくても絶対受かりたいと思って必死に頑張れば合格できると思うので頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

話を親身に聞いてくださったところ相談に乗ってくださった、担任助手の方の受験時代の勉強法を聞けた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

私はほとんど東進模試しか受けていなかったが自分のやる気アップにつながっていた

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強できるから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで話したこと

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来の夢は決まっていないけれど農学部で食料について学び食料不足の問題の解決に貢献したい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
化学や古典が全然できなかったため受講を一気にして高速ですすめられたから

高速マスター基礎力養成講座
英語の基礎力がついた

過去問演習講座
解説つきがよかった

Q
おすすめ講座
A.

【 ベーシック化学PART1 】
化学をほぼゼロからスタートしたが、何度も見てかなり化学が得意になった

【 難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅱ 】
一文ずつ重要なポイントを説明していたところがよかった

【 過去問演習講座 明治大学農学部 】
解説がとにかくわかりやすい

 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 77

山中博先生

難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅱ

長文読解の学習方法を身につけるトレーニング講座

授業を聞き、その場で演習ができるトレーニング形式の講座なので、必ず授業中に定着を図ることができます。中学レベルの基礎知識を丁寧に確認していくことから始め、段階を追って、本番入試を想定した実戦的な問題演習をこなしていき、入試基礎レベルの問題に対応する力を養成していきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校基礎レベルの文法は修了している生徒