2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1494人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

植田陸人くん

東進ハイスクール海浜幕張校

出身校: 渋谷教育学園幕張高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

受験勉強は何よりも努力の仕方が大事、目的意識を持って勉強する

 部活がかなり忙しく普通の人の半分程しか勉強時間は無かったと思いますが、勉強の仕方を意識して効率的に学習出来るように努力していました。東進で演習や受講、通学中や就寝前の1時間に知識系の学習をするといった具合にメリハリを付けていました。

高2の間はとにかく生物、化学を勉強していました。個人的には数学を高2のときにサボりがちで最後まで数学に苦戦していたので、数学を中心に勉強することをお勧めします。英語、古文、漢文は高2の間は単語を完成させ、高3に入ってから演習を始めました。

高3の夏までは基礎基本を徹底してそこから演習を積むといわれることがよくありますが、僕は直前期も含めて常に基礎の学習を大事にしていました。東大のみならず大学受験は個人的に基礎がしっかりしていれば合格最低点には辿り着けるところばかりだと思っています。高3の夏から受けた東大特進のT -Podの授業(特に林先生の現代文、青木先生の数学)や二次の過去問演習講座はとても意義のあるものでした。

センター及び二次直前期には、東進で印刷機を使ってひたすら過去問演習に取り組むことが出来て助かりました。優秀な担任助手の方には色々と勉強方針、大学生活、問題の解説など色々と相談に乗って頂けてとてもタメになりました。

受験勉強においては何よりも努力の仕方が大事です。どの時期に何を勉強するべきなのか、1日の中でどの時間帯に何を勉強するかなどを目的意識を持って勉強しましょう。僕は運良く合格することが出来ましたが、勉強をサボりがちだったこともあってとても合格する力のある生徒とは言えず、あと一歩で後悔するところでした。合格する後をイメージして頑張って下さい。応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

どの講座を取るか相談に乗ってくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

励ましてくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

結果に左右されないことが大事です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

色々な塾を体験しようと考えていた中で、最初に東進の体験授業を受けて好感を持ったため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

皆で同じ問題を解くのが良い刺激になりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高三の秋の時期に過去問の点数が伸びず苦労しました

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

先輩の姿を負って努力しました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

東大が一番の大学だから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

ひたすら学ぶ。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
客観的な視点で採点してもらえてタメになりました。

担任指導
勉強方針、大学生活、問題解説など色々とお世話になりました。

実力講師陣
林修、青木純二、鎌田

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
客観的な視点で採点してもらえてタメになりました。

【 ハイレベル化学 有機化学 】
学校の授業よりも分かりやすく、繰り返し視聴出来るので助かりました。

【 ハイレベル化学 理論・無機化学 】
テキストがまとまっていて分かりやすかったです。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 18