2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
法学部

no image

写真

山本ジェシカさん

東進ハイスクール大泉学園校

出身校: 錦城高等学校

東進入学時期: 高2・10月

所属クラブ: ダンス部 部長

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

自分の将来像を明確にし、第一志望校へのこだわりを持つことが合格の第一歩

 私が東進に入学したのは高校2年生の10月です。定期テストへの勉強から受験に向けての勉強へシフトしていくために通い始めました。

部活は週6で部長も務め、日々の小テストも多い学校だったので正直初めは両立が辛いと感じることもありました。9月の文化祭を終え、引退後もストレスやプレッシャーで心が折れそうになる時もありました。

その時私を支えたのは、同じ様な志を持った仲間、そして担任助手の方の存在です。彼らと週一回行ったグループ・ミーティングでは、勉強の仕方や進み具合、目標を共有し、有意義なものにできたと思います。仲間が頑張っている姿をみてとても刺激を受け、モチベーションがあがりました。

担任助手の方は受験を経験した先輩として非常に近い目線から的確なアドバイスをしてくださり、常に寄り添ってくれる存在でした。東進での受験勉強は一人でやるものではありません。振り返れば私の受験期も、様々な人に支えられていたのだと感じます。

受験を終えて、最も大切だと感じたのは、自己把握です。誰しも闇雲に努力を積み重ねることは難しいと思います。沢山情報を集め、担任助手や担任と面談を重ねていくことで自分の将来像を明確にし、第一志望校へのこだわりを持つことが合格の第一歩だと思います。

また東進posは自分の努力量を可視化してくれるので、自分の現状を把握するのに役立つでしょう。計画と振り返りを徹底し、苦手や得意、自分の性格などを把握することは、私が受験期に身につけたことであり、これから受験を迎える人達に大切にしてほしいことです。今後はこの経験を活かし、自立した大学生活を送っていきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分で考えさせ、計画を立てるよう促してくれたことは自己管理能力を高めることにつながったと思います。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親しみやすく、とても親身に話を聞いてくれたのでちょっとの会話も心の支えでした。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

定期的にあるので、毎回参加することで自分の学力の伸びや、苦手などが可視化され、その後の勉強に役立ちます。ただ復習を徹底的にやらないと意味がありません。間違った問題は特に解説を読み込んで完全に理解するまで繰り返しましょう。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

資料をもらいに行ったときに担当の方が丁寧に対応してくださって雰囲気が良かったから。また、映像による授業が自分に合っていると感じたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

メンバーの勉強の仕方や目標、進み具合を共有し、モチベーションを挙げていました。印象深かった思い出は、模試の目標点数を具体的に決めあって報告しあったたことです。プレッシャーがかかってよかったです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活や日々の勉強を両立するには、考え込みすぎずにうまくストレスを発散し、計画的に行動することが大事だと思います。部活では、忍耐力と、部長として部をまとめるための客観的視点などが身に付きました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

塾内合宿は本気で辛くて何度も心が折れかかりましたが、「こんな過酷な合宿を乗り越えたんだ」という自信がつきました。あともう一歩の努力ができるようになったと思います。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

模試が返ってくるたびに落ち込んでいました。親や友達、担任助手に自分の不安なこと、思うところは全部話して、まっさらな気持ちにして「次こそは!」と切り替えをするようにしていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ志望校の仲間と話すことでモチベーションを高めました。情報、目標の共有はお互いに刺激になると思います。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分で情報を集め、学校の先生との面談でなんとなく目標に掲げていましたが、オープンキャンパスや文化祭で雰囲気に惹かれ、こだわりを持つようになりました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を見つめなおすことができたきっかけ。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世界相手に戦う企業で法律の知識やそれまでの経験を駆使し、コンサルタントとして貢献していきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
隙間時間を有効に使えていない受験生は多いと思います。それを解消してくれるのがこのシステムです。自分の苦手をAIが出してくれるので効率よく学習を進められます。

志望校対策特別講座
受験直前は不安が募るもの。このシステムで様々な問題に触れることでそれを払拭できました。

学力POS
自分の努力量や苦手、必要な項目を可視化してくれたのでモチベーションの向上にもつながりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 一橋大対策数学 】
質、両ともにハイレベルな講座でした。数学が苦手な人でも徹底的にやりこむことで一橋の数学に立ち向かうだけの力をつけられます。

【 世界史記述問題演習 実践編① (400字以上の問題) 】
世界史記述への見方が変わりました。幅広い分野、形式の問題に触れられ、実戦で役立つ力がつくと思います。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
幅広い形式の問題に対応できるようになります。良問ばかりで量もありますし、やりごたえや達成感があります。解説も分かりやすいです。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14

林修先生

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒