2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1493人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋工業大学
工学部/第一部学部

no image

写真

佐藤黎くん

東進衛星予備校鳴海駅前校

出身校: 愛知総合工科高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: STEM部

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

センター英語で最高175点を取れるまでに成長できた

 僕は1年生の12月の初めに東進に入学しました。数学が好きだった僕はそれから2年生の夏までには高校の範囲を終わらせていました。そのころには数学は大の得意科目になって、模試で数学だけ偏差値70を超えることもありました。このおかげでセンター試験、2次試験ともに数学が得点源になってくれました。

一方で、入学から数学と並行して行っていたのが英語の勉強でした。英語は中学の時から苦手で入学当初は39/200点しか取れなくてかなり落ち込んだのを覚えています。

僕が東進の英語の勉強でおすすめするのは今井先生の授業です。英語が嫌いな人でも授業は面白く感じるはずです。実際に僕は英語が嫌いだったのに今井先生の授業中は笑いをこらえるのに必死でした。どんな人でも授業が楽しくなることがおすすめする理由です。特に英語が嫌い、でもできるようになりたい、という人にはピッタリだと思います。僕はセンター英語で最高175点を取れるまでに成長できました。

東進での約2年間の生活で僕は勉強の仕方について学んだことがあります。

1つは、好きな教科を持つことは得意教科を持つことの必要条件だ、ということです。例えば、数学が得意になるためには、まず数学を好きにならなければ達成できないということです。ここでさらに重要なのは、必要十分条件ではないということ、つまり数学が好きであれば、数学ができる、は偽なのです。ではどうすれば十分性を満たすかというと、正しい努力/勉強をする、この1つだと僕は思っています。数学をまた例として説明するとするならば、正しい数学の勉強とは自分1人で問題に打ち込み、今自分が知ってる知識だけを使って悩み、考えることだと思います。そして正しい努力をするために、新しい知識を学ぶ場では積極的に聴いて、書いて、頭に入れておくといいと思います。

2つ目は短期的に集中してやるのが一番効率が良いということです。1単元に何日もかけていたら初日に学んだことなんて忘れることが大半です。その時まだ完璧ではなかったとしても、先に進んで初めて納得することが多いのです。後輩にはこの2つのことを勉強に生かしてほしいと思います。

僕の将来の夢は建築士になることです。そのために大学でも勉学に励みたいと思います。もちろん大学生活は楽しみたいので勉学以外も経験したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自主性を重んじてくれるので良かったです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

休憩の取り方とか、センターでのアドバイスなど。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

記述は実力がもろ試されるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近い

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来の夢は建築士になること。そして、他人に振り回されずに自分自身で考え、行動できる人になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
高効率

高速マスター基礎力養成講座
電車でできる

実力講師陣
スピードは速いけどわかりやすさは抜群

Q
おすすめ講座
A.

【 今井 宏のD組・英語スタートダッシュ教室 】
めちゃくちゃ笑った。英語が嫌いな人でも確実に授業が面白いと感じるし、そのおかげで勉強が進む。同様にC、B組もおすすめです。

【 受験数学Ⅲ(難関) 】
数学は志田先生が一番好きでした。数学が好きな人にはおすすめです。数学は自分で考えることが大事なのでまず必ず予習をすることをすすめます。

【 過去問演習講座 センター対策 】
やはり過去の傾向は知っておくと役に立つことが多い。特に暗記の分野は似たような問題が頻繁に出るので何回やってもよいと思う。

 名古屋工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

志田晶先生

受験数学Ⅲ(難関)

どんな問題でも対応できる応用力を身につけよう!!

難関大に合格するための実力を養います。難関大レベルの典型的な問題を通じて思考力の習得を目指します。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:数学Ⅲを履修済で難関私大・難関国公立大理系学部合格を目指す生徒