2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
教育学部

no image

写真

阿部葵さん

東進衛星予備校南町田校

出身校: 川和高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: バトントワーリング部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

志望校合格に大切なのはいつも前向きな気持ちを持つこと

 受験勉強として本格的に勉強を始めた高2の冬から高3の春までの私は、今まで学校で習った範囲の基礎でさえわからないほど知識の定着ができておらず、模試の結果はいつもボロボロでした。そんな私が大きく変われたのは、やはり夏休みにしっかりと勉強時間を確保できたことだと思います。

毎日机に向かって何時間も勉強するのは、正直身体的にも精神的にも辛い日々でしたが、それでも東進に来れば「やるしかない」という気持ちになり、受講や過去問対策に集中することができました。

その中で一番気を付けたのは、過去問対策での「時間配分」です。どうすれば早く解くことができるのか、削れる時間はあるか、自分にとって最適な解き方はどれか、色々考えて試しました。それもあってか、時間に余裕をもって問題を解けるようになり、夏休み明けの模試で今までで最高の結果を出すことができました。私は、自分に合った解き方を見つけるまでに思いの外たくさんの時間がかかりました。後輩の皆さんにはぜひ、早め早めの取り組みを、そして夏の貴重な時間を大切にしてほしいと思います。

最後に、受験勉強を通して、志望校合格に大切なのはいつも前向きな気持ちを持つことだと感じました。この気持ちを忘れずにこれからも過ごしていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

合格設計図

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

クイズ

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

なぜ間違えたのか、その原因と次回の対策を考える。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

合格実績と自宅からの通いやすさ

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

週予定とのズレの確認と次の週の計画

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

次に何が必要か先に考えておく力

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と励ましあうこと

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

志望校の雰囲気

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

周りの人の支えがあってこそできたこと

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

教員

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
歴史の流れをつかんで学習できたため、覚えながら受講することができたから。

【 入試対策:センター試験対策漢文 】
10回の授業で重要なことがしっかりまとめられていたから。

【 難関古文 】
古文の基礎から古文常識まで丁寧でわかりやすく、何度も繰り返すことで定着させることができたから。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 75

三羽邦美先生

入試対策:センター試験対策漢文

センター国語攻略の鍵は漢文にあり!

古文と同じ50点の配点がありながら、勉強は後回しにしてしまいがちな漢文。でも「第4問・漢文」をハイスピードかつ正確にクリアできれば、現代文や古文にもっと多くの時間を配分でき、国語トータルの得点をずっと高くすることができるはず。「漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成)」で知識を身につけた上で、この講座ではセンターレベルの読解練習を集中的に行います。センター対策はもちろん、上位・難関大を目指すための基礎的な読解力養成講座としてもおすすめです。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:「漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成)」で基礎知識を完全にマスターできた生徒。

栗原隆先生

難関古文

いつも心に映像を! ─ 基礎から確認し、難関大合格の力をつける!

古文の基礎から確認し、最終的には難関大学の入試古文で合格点をとることを目指します。難度の高い古文の問題は、問題文自体の難度もさることながら、設問の意図を正確に把握し解答するという難しさもあります。記述問題では、どう表現したかによって、点数が大きく変わります。わずかな試験時間内で、これらの難しさに立ち向かい、どんな問題であっても合格点がとれる力を、段階を踏んで身につけていきます。なお、授業は単に読解技術だけでなく、古文の背景知識にも触れます。「いつも心に映像を!」…古文の世界の深奥に触れながら、確実に古文に強くなれる授業です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:東大・京大など難関国立大、早稲田・上智・関関同立などの難関大学に合格したい受験生