2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

北海道大学
文学部

no image

写真

大脇涼雅くん

東進衛星予備校幕張駅前校

出身校: 東邦大学付属東邦高等学校

東進入学時期: 中3・3月

所属クラブ: 柔道部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

東進のカリキュラムは最短で自分の目指すレベルに到達することが可能

 中三の学年末試験で数学が散々な結果だったため、数学を補強するために予備校探しを始め、自分にスケジュールにあわせて勉強ができ、学校帰りに寄れる東進に入学しました。

受験を終えて振り返ってみると、自分の学力が上がった一番の要因は、東進のやる気次第で受講を進められるシステムを活用できたことだと思います。苦手だった数学は高一の夏までに全範囲を履修することで、その後の勉強に余裕ができ、学校の定期テストでもよい成績を収めることができました。

また、もともと得意な日本史と世界史は集中して受講することで、それぞれ二ヶ月という短期間である程度完成させることができました。このように苦手な科目は先取りして学習することで、いちいち躓く必要がなくなり、得意な科目は短期間で伸ばすことができました。東進のカリキュラムは最短で自分の目指すレベルに到達することが可能なので、各々自己分析をして目的意識を持って上手く東進を利用してください。

受験時に一番大切なことは心身の健康です。いくら普段の模試がよくてもいくら準備しても、本番当日のコンディションが悪ければ簡単に不合格になります。平生から規則正しい生活を心がけ、毎回の模試を本番だと思ってベストコンディションで試験に臨むようにしましょう。また、不合格になった場合を考えてしまう人よりも合格した後を考えて勉強する人のほうが合格しやすいように感じます。勉強が上手くいかなくて自分を見失いそうな時は、一度リラックスして合格した後の自分を想像してみるといいと思います

大学では室町時代の東国の情勢や戦間期の日本について詳しく勉強したいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎回の面談が楽しかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

定期的に実施されるため、その期間の自分の学力の伸びがわかります。模試の復習は丁寧に行うようにしましょう。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東進の学習システムに惹かれたから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

歴史を勉強することで現在の状態に至った経緯を学び、現代の複雑な国際関係を理解したい。また、そこで得た知識を役立てたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
短期間で学力の向上が図れます。

東進模試
詳細な学力分析が手に入ります。

スモールステップカリキュラム
確実に身につきます。

Q
おすすめ講座
A.

【 高等学校対応 数学B-基礎-ベクトル 】
この講座を受けることでベクトルが得意になれました。まだ学校でベクトルを習っていない人や、ベクトルが苦手な人にはおすすめです。

【 センター試験現代文完成(90%突破) 】
この講座を受けた後実際に90%突破しました。現代文を解くときに必要な根本的な考えが身につくため、センターだけでなく選択肢から答えを選ぶタイプの問題にも対応できます。

【 難関古文 】
これを受ければセンターで古文は満点をとれます。古文に関しては後は志望校対策を少しするだけで済むようになります。

 北海道大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

栗原隆先生

難関古文

いつも心に映像を! ─ 基礎から確認し、難関大合格の力をつける!

古文の基礎から確認し、最終的には難関大学の入試古文で合格点をとることを目指します。難度の高い古文の問題は、問題文自体の難度もさることながら、設問の意図を正確に把握し解答するという難しさもあります。記述問題では、どう表現したかによって、点数が大きく変わります。わずかな試験時間内で、これらの難しさに立ち向かい、どんな問題であっても合格点がとれる力を、段階を踏んで身につけていきます。なお、授業は単に読解技術だけでなく、古文の背景知識にも触れます。「いつも心に映像を!」…古文の世界の深奥に触れながら、確実に古文に強くなれる授業です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:東大・京大など難関国立大、早稲田・上智・関関同立などの難関大学に合格したい受験生