2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1493人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

芝浦工業大学
デザイン工学部

no image

写真

倉金広匡くん

東進ハイスクール海浜幕張校

出身校: 昭和学院秀英高等学校

東進入学時期: 高1・10月

所属クラブ: ラグビー部

引退時期: 高2・4月

この体験記の関連キーワード

友達が支えに

 勉強に向かう理由はいろいろあると思います。就きたい職があるとか、目指したい夢があるとか、単純にいい大学に入りたいとか、そもそも勉強が好きだとか。

僕の場合はかっこよく言うと〝追いつきたい人がいるから”でした。東進に入る前の高一の十月までは学校屈指の劣等生だったと思います。定期考査もしたからのほうが早いどころか「下.....いる??」って感じでした。

実際勉強をすると決めてもいきなり成績が上がることはなく次第にやる気も失せ「なんかもういいや」って感じになってしまいました。もう一度勉強をやり始めたのは周りが受験生の雰囲気になってきてから、でした。

そんなこんなで始まった高3の受験生生活、正直めちゃくちゃつらい受験生生活といった感じではなくかなり充実感があり一年って区切られているのなら楽しい、と言えるものでした。何かに全力で取り組むこと、そんな経験を僕はしたことがなかったのでとても新鮮で今まで僕は何をしていたんだっけと思いました。きっとこの感覚の充実感を知ったこと、これが僕が受験をして学んだことだと思います。

大学に入ってもきっとなにか夢中になれるものを見つけてそれに熱中できるだろうと、確信できるほどにその感覚に憑りつかれてしまいました。だから決して無駄なことではなかったなと、そう思います。

でも当然受験は楽しいだけではありませんでした。辛くてやめたくなったこともありました。でもそんなときは友達が支えになりました。話していると気分転換にもなるし、自分も頑張ろうと思えました。きっとこれは受験に限ったことではないんだろうなと何となく感じています。

最終的に僕の目標であった 追いつきたい人がいる という目標が達成できたとは正直思いません、むしろ遠くなったとまで感じています。それでも頑張ることの大切を学んだ今ならまだ追いかけることができると思います。

自分の受験が成功したのかはわかりません。でも、これから僕の受験は成功だった、と思えるように努力して変えていきたいです。支えてくれたみんな、担任方、家族ありがとうございました。これからすごい人になってやるので期待してみててください!サインもらうなら今のうちですよ。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習とか勉強計画立てるのに便利

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

姉が東進に通っており勧められた

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友達と話す

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と話す

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

近いから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を成長させるもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人の心を惹きつけるものづくりをする

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


 芝浦工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒