2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1499人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

岐阜大学
工学部

no image

写真

鈴木雄翔くん

東進衛星予備校鳴海駅前校

出身校: 昭和高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 水泳

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

大学受験は不安との勝負。耐え続けた者が勝つ

 前半では東進のおすすめを紹介し、後半では私のエピソードについてお話します。

まず、一つ目の東進おすすめは授業です。東進には多くの素晴らしい授業があります。さらに、授業で使用したテキストもわかりやすく、後から復習する時にも便利なレイアウトとなっています。特に山口けんいち先生の「スタンダード物理」には感動しました。山口先生は物理の概念の根幹を大事にし、生徒が自分の力で応用できるような授業を展開します。物理が必要な人はぜひ受講してみてください。

二つ目は過去問演習講座です。センター試験版では演習データがすぐに自動採点され、その場で自分の弱点を見つけることができます。また、私大・国公立二次試験版では弱点だけではなく、きめ細やかな添削指導によって部分点の稼ぎ方や減点の原因、問題傾向がわかります。採点結果や東進独自の詳しい解説を参考にし、多くの年度の同じ問題を繰り返し解きなおすことで本番の問題に怯むことなく対応できるようになるでしょう。

三つ目は学習環境です。東進の担任助手の方は勉強でわからない箇所や今後の学習の進め方、進路についての相談を生徒の目線に立って答えてくださいます。さらに、東進の校舎には生徒という強い仲間がいます。彼らは模試で競い合ったり情報を交換し合ったりすることでお互いを高める存在です。どんなにつらい時でも、担任助手の方や東進生となら逆境を乗り越えられます。

ここからは私個人のことについてお話します。一つ目は勉強方法についてです。私は東進のテキストを何度も復習しました。授業後テキストの問題を解き、理解度を確かめます。次に間違えたりわからなかった箇所は基本事項や授業でのメモに戻って再び頭に入れます。そして、再び問題を解くことで学んだことを脳に定着させました。もちろん再び間違えた問題については確実に解けるようになるまで確認と解きなおしを繰り返しました。苦手な分野では再度受講し、解き直したこともあります。

過去問の演習についても同様に解説を見るだけでは済ませていませんでした。問題の解き直しは他の合格者さんや先生方もおっしゃっていることで後輩の皆さんは聞き飽きているかもしれません。しかし、間違えた問題の解説を見るだけではすぐに忘れたり同じミスをします。解きなおすことで同じ問題だけでなく類題も解けるようになるのです。

二つ目は国公立の後期試験の直前期のモチベーションについてです。前期試験が終わるとどの受験生も気が緩みます。私は前期で合格すると油断していたので結果が発表されるまで後期試験の対策を疎かにしていました。結果を知った時、私の心に溢れたものはショックというよりむしろ後期に対する不安でした。後期も前期と同じ大学を志願していた私にとってはまさに絶望そのものです。

しかし、私には周りの多くの人のからのとても暖かい励みがありました。暗い心に明かりをともした暖かい励みです。私は自分に言い聞かせました、「期待を裏切るわけにはいかない。後期は現役しか許されていない俺にとって岐阜大学に入学するための最後のチャンスだ。まだ時間はある。諦めるな!」と。

合格を手にした今の私には過去の自分や周りの人への感謝の気持ちが溢れています。後期試験の時期にはほとんどの同年齢の人は進路が決まっており、遊んでいる人が多いです。対照的に後期を受験する人は我慢を続ける必要があり、どんどん苦しくなります。そもそもほとんどの人は後期で前期と異なる大学を受験するのでなかなか熱くなれません。しかし、つらい環境に打ち勝った人だけが後期試験で成功します。強い意志を持って諦めずに突き進んでください。

大学受験ではどんなに精神的に強い人でも圧倒的な不安に襲われます。大学受験は不安との勝負です。耐え続けた者が勝ちます。己を信じなさい。期待を裏切らないでください。可能性を秘めた皆さんが成功することを願っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

古典の復習方法です。解いた問題の本文でわからなかった部分を訳し直すという方法です。古典を克服できました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

みんな笑顔で相談に乗ってくれること。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

この模試は定期的に自分の成長を確認できる機会であった。また、この模試は良問が多い。解説授業もわかりやすく、復習に便利であるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅付近の校舎が最寄駅に近いから。他の大学受験予備校と比べて実績が良いから。体験講座を受講したときに学習システムが自分に合っていると感じたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

臨機応変に対応する力

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

開き直ればなんとかなるさ。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格後の生活を考えること

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

すでに将来の職業を決めていたので先に学部や学科の種類を決定していた。第一志望の大学の学部(学科)はその業種の分野だけではなくその業種に関連する分野のことも広く学べるカリキュラムを設定していたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

持久戦

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

測量士を目指しています。建築や土木に必要な土地のデータを入手し編集して資料を提供する職業です。自分のデータが少しでも多くの人を災害から守れるものになるように大学で学びます。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
手軽に復習できるから。

過去問演習講座
センター試験版については自動採点機能がとても便利だったから。私大・国公立二次試験版については添削機能があり、減点への対策や部分点を稼ぐポイントや問題傾向を把握できる。復習や次の学習に生かしやすい便利な機能であるから。センター版も記述版も解説がわかりやすい。

東進模試
センター試験本番レベル模試は定期的に自分の成長を確認できる機会であった。また、良問が多い。解説授業もわかりやすく、復習に便利であるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part2 】
他の「スタンダード物理」シリーズの講座でもそうだが山口先生は物理の概念の根幹を大事にし、生徒が自分の力で応用できるような授業を展開するから。特にPart2には多くの難しい分野が含まれており、説明が細かくかったから。

【 入試直前まとめ講座 漢文のまとめ 】
漢文はかなり苦手だったが、この講座のおかげで短期間のうちにセンターレベルの問題を解けるようになったから。

【 過去問演習講座 岐阜大学(全学部) 】
特に数学は解説が具体的であったから。

 岐阜大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2