2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

芝浦工業大学
工学部

no image

写真

宮澤壱成くん

東進衛星予備校新越谷駅東口校

出身校: 越谷北高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: バレーボール 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

諦めないこと

 僕は高校3年の6月に東進に入学しました。東進で受講したのは「スタンダード化学」「難度別英語構文Ⅳ」「国公立総合英語」です。どの講座もキャラの強い先生が丁寧に教えてくれました。特に身についたと思う講座は「国公立総合英語」です。苦手意識のあった英語でしたが、この講座のおかげで英語でも戦えるようになりました。

東進のおすすめのシステムは「過去問演習講座」です。なぜなら、センター試験や志望校の過去問をコピーし、本番と似た問題用紙で演習出来るからです。また、問題の解説授業もあるので、わからなかったところを解説してもらえ、解けた問題についても、もっと詳しく理解することが出来るので、過去問の分析と教科の勉強が効率よく出来るからです。

他に、担任の先生との面談もおすすめの1つです。面談は定期的にあるので自分のやるべきことが明確になり、モチベーションを保ってくれます。また、担任助手の方とコミュニケーションをとることの出来る時間になるので受験を終えた先輩の体験談を聞き、未知である受験を少し具体的に想像することができます。

大学受験において1番大切なことは、諦めないことだと思います。最後の最後まで受験を戦い抜くにはたくさんの体力と強い精神力が必要です。それらが無くなりかけた時、自分を支えてくれるものは「この大学に行きたい」という気持ちだとおもいます。心が折れそうになった時は、東進の担任助手の方に相談して心を入れ替えて皆さんも頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

1つ1つの面談がとても良いリフレッシュになった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の過去の得点をまとめてくれていてうれしかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

有名大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

良問がそろっているので、復習すると、とても身になる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友人の紹介

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

人をまとめるちから(部長)

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

夏期勉強合宿勉強のペースがつかめた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

進学への意欲

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

インスピレーション英語教育がしっかりしていた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

少し大変だったが、結構楽しかった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

環境にやさしいエネルギー社会をつくり、今問題となっている環境汚染を出来るだけ緩和し、持続可能な社会を実現したい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
・本番のような緊張感が味わえる。 ・解説授業で理解を深めることが出来る。

確認テスト
・講座の復習が出来る。 ・わかったつもりなだけで終わらない。

東進模試
・今の実力がわかる。・学習の目標が明確になる。

Q
おすすめ講座
A.

【 上位国公立大総合英語 】
・難しい問題の演習がたくさん出来る。・授業が面白い。

【 スタンダード化学 理論・無機化学 】
・覚えるべきところが明確にわかる。
・テキストが辞書として使える。

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
・たくさん演習出来る。・自分の点数が見やすくまとめられている。

 芝浦工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

今井宏先生

上位国公立大総合英語

地方国公立大レベルの二次・記述試験対策

千葉大、首都大学東京、横浜国立大など、上位の国公立大学の二次試験で出題される記述問題に対応できる力をつけるための講座です。勘所をしっかりと押さえれば、記述問題も恐れることはありません。記述問題を得点源にして差をつけられる実力を手にしましょう。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:上位国公立大の二次記述試験対策をしたい生徒