2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1497人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
情報学部

no image

写真

吉村仁志くん

東進衛星予備校瀬戸市駅校

出身校: 旭野高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: バドミントン部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

早期のスタートダッシュが合格のカギに

 高校合格がきまった日、僕は両親の勧めで家の近くの東進に入学することになりました。当時の僕は「高校生活が始まってもいないのに、もう塾に行くのかよ…」と思っていましたが、今になってみるとこの早期のスタートダッシュが合格のカギとなっていたことに気づきました。

僕は、早めに勉強を開始しそれをコツコツと継続することができたから自分は第一志望校に合格したと考えているので、合格体験記では「早めに勉強を始める」ということについて述べたいと思います。

東進では数ある講座の中から自分に合った講座を受講することができます。僕はまず、「今井宏のD組・スタートダッシュ教室」という英語の講座を受講しました。高校の勉強を先取りすることができたので学校の授業は余裕を持って受けることができ、復習にも十分な時間をさけました。

また、高速マスター基礎力養成講座での計算演習や単語の暗記を繰り返して基礎の徹底に努めることができました。計算力や単語力といった学力はすぐには身につかないので早いうちから勉強するのがいいと思います。

二年生になっても学習内容を先取りしていくスタイルを続け、東進模試でも満足のいく結果がでたことから、「早めに勉強を始めてよかった」と思うようになりました。二年生が始まった時点では理科と社会が苦手科目でしたが、英語、国語、数学で余裕ができていたので、理科と社会に勉強時間を回すことができました。その結果、三年生になった時には理科は人並みにできるようになり、社会にいたっては一番の得意教科になりました。

三年生でも、早めに勉強を始めたことによる効果を実感できました。講座を夏休み前までに一通り終わらせ、夏休みにセンター試験の過去問と名古屋大学の過去問を解くことができたので、センター、二次の対策が格段にやりやすくなりました。

また、コンスタントに勉強を続けてこれたので三年生になってもあまり遅くまで東進にいることはなく、毎日11時には寝ることができました。この生活リズムを守って勉強できたことも、合格の一因だと思っています。

部活や学校祭、友人との遊びなど、高校生活は楽しいことばかりで勉強する気分にはならないと思います。ですが、隙間時間を使った学習などを用いて早いうちに勉強する習慣をつけておくと後の勉強が楽になり、勉強と遊びの両立もしやすくなります。

先んずれば人を制すということわざもあります。早めに勉強を始め、余裕を持って第一志望校に合格することをおすすめします。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

イランに行った話。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学校の昼休みにラップバトルをやった話。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

回を追うごとに自分の中で伸びているポイントを探して、自分を励ます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家の近くにあったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングのある日には東進に行こうかなーとおもうので、絶対に東進に行く日として活用した。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活・学校行事が楽しかった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と遊ぶ日をつくる

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で習ったことを仕事に活かすことができればよいと思う。将来働いてお金を稼ぐようになったら緑の募金をめっちゃする。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
基礎を身につけ、確認することができる。

過去問演習講座
どんな問題を解けるようになればよいかがわかる。

東進模試
受験生のなかでの自分の立ち位置がわかる。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
話がすごく面白い。

【 スタンダード世界史XII 20世紀後半の世界 】


【 難関国立大総合英語 】
英語が英語としてわかる気がする。単語の核となるイメージを教えてくれる。

 名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

宮崎尊先生

難関国立大総合英語

旧帝大レベルの国立二次・記述試験対策

厳選された質の高い英文素材を用いて、英文を読みこなすための思考力、作法を身につけていきます。旧帝大レベルの難関国立大における長文の「読解力」はもちろんのこと、各設問に解答するプロセスをていねいに解析することで、記述試験における「得点力」に磨きをかけましょう。※難関私大・国立大の両方を見据えた対策には「システム英語総合編Ⅵ」をお勧めします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国立大の二次記述試験対策をしたい生徒