合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
商学部

no image

写真

松田梢さん

東進衛星予備校松山市駅校

出身校: 愛光高等学校

東進入学時期: 高1・2月

所属クラブ: テニス部

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

東進で新しい自分に出会えた

 私は、将来の夢ややりたい事が見つからず、その悩みを抱えながら高校時代を過ごしていました。ただ、何もしたくないわけではなく、何かしら見つけたいという気持ちが強かったので、自分の将来像を思い描けるように、あらゆる機会を利用しました。具体的には、学校のLHR(ロングホームルーム=総合的な学習の時間)において、大手企業で働く方々の講演から学んだこと(今の社会に必要とされていることや、世の中の情勢の変化を着実に捉えることの大切さなど)や、ボランティア活動(幼稚園の支援ボランティアなど)や課外活動(私は「高校生歴史フォーラム」に参加しました。日本史選択者におすすめの活動です。)などの機会を通して自分で気づいたこと(成功しても失敗してもどちらにも新たな発見があります。)や感じたこと、興味をもったことなどを、その都度その都度メモに残しておきました。そして、文系学部の特徴や各大学で行われているプログラムなどを調べて、その情報と経験によって発見した自分の興味分野を関連付けることで、将来像を思い描くことができました。実際、この作業によって残しておいた記録が、推薦入試の際の志望理由書や面接資料を作成する際に、非常に役に立ちました。

こういったことから、私は普段の日常生活の中に、わからないことや困っていることのヒントが隠されていることに気づきました。そして、後になって、学年や学校が多種多様で、夢や目標を抱いている人々の多くの集まりである、東進という場をもっと活用しておけばよかった、と思っています。なので、ぜひ、自分の未来像を思い描けず悩んでいる方、そのせいで勉強に身が入らない方、ぜひ、東進やあらゆる機会を活用して新しい自分を見つけてみてください。そして、そういった方は、一瞬でもいいので東進に行くことを定期的に行ってみてください。東進に行き、学習室に入り、勉強に励んでいる学生の姿を見ることで、それが刺激になり、いやでも勉強をする習慣はつくはずです。

最後になりますが、急速な技術の発展やコロナウイルスの影響などにより、世の中は急スピードで予測できない形に変化していきます。将来どの職業が残っているかもあやふやです。そんな世の中のなかで、私は、その時その時の社会に求められていることを見極めながら、判断力と観察力、そして行動力をもった人間になりたいと思っています。具体的には、企業の経営をアシストするコンサルティングの仕事に就きたいです。夢も目標もなかった私でも自分の将来に希望を抱くことができました。今、将来に不安を抱えている後輩の皆さんにも明るい未来がやってくることを願っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎度の面談の終わりに次の模試までの目標を宣言することが印象的。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

授業や過去問の利用の仕方を、模試の前後の変化や改善点に合わせてアドバイスしてくれたことが役にたった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

成績表の表示の仕方が、志望校の合格者の当時の得点率などと比較することができるようになっている点が良い。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

兄や友達が通っており、自習室の完備、定期的な模試の開催、受験情報の豊富さが魅力的で東進を選びました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じグループに向上得点をがんばって取っていることを、グループ・ミーティングのたびに目にするのが刺激的だった。

Q
東進のおすすめは?
早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 64