合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
人間科学部

no image

写真

土田菜摘さん

東進衛星予備校岡山大元校

出身校: 岡山朝日高等学校

東進入学時期: 高1・9月

所属クラブ: 硬式テニス部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

講座の質の高さと自分の予定に合わせて自由に学習できる環境の利便性を感じた

 私が東進に入学して最初の数か月間は他の塾と並行して通っていましたが、受講を進めていくうちに、講座の質の高さと自分の予定に合わせて自由に学習できる環境の利便性を強く感じるようになり、東進一本に絞りました。

私が思う東進の一番の魅力は、映像による授業です。分からなかったところは何度も巻き戻して再生できるので、自分の納得がいくまで確認することができます。また、既に受けた講座も後から見直せるので、定期テスト期間中に活用していました。

私たちの学年から、新たにセンター試験から大学入学共通テストに移行し、どんな問題が出るか予想がつきにくい中で、私も不安を感じていました。しかし、東進はいち早くその変化に対応し、対策を十分に練れるコンテンツが充実していたように思います。例えば、共通テスト本番レベル模試や英語のリスニングを強化するアプリ、共通テスト予想問題を織り交ぜた過去問演習講座などで、練習を重ねることができます。これらのおかげで、新しい傾向の問題にかなり慣れました。本番でも落ち着いて解くことができた気がします。

最後に、私の経験から皆さんに伝えたいのは、色々なことに興味を持ち、その興味に合わせて早めに志望校を決めると良いということです。確固たる目標があれば、それに向かってやる気を高めることができます。私は将来やりたいことや目標がなく、志望校もなんとなく、とりあえず、の気持ちで設定していました。そのため、勉強のモチベーションが上がらず、受動的にこなしている時期が長かったです。自分の信念をしっかりと持ち、何事ももっと積極的に取り組んでいたら何か変わっていたかもしれない、と反省しています。皆さんには是非、第一志望への強い気持ちと共に、勉強を頑張ってほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習スケジュールを細かく確認したり調整したりしてくださったので、これからやるべきことが明確になった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

たまに他愛のない話をしたのが楽しかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試(現:早慶上理・難関国公立大模試)

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習が大切です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活動と両立しやすそうだと思ったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ学校の人だけのグループだったので、学校での行事や出来事の話をしたのが楽しかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

日々のリズムをなるべく崩さないようにする。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

日常の些細な楽しみ(テレビなど)を糧に耐えていた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

色々な分野に触れることができるため、やりたいことがはっきりしていない私に合っていると思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を見つめ直す時期

Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用)演習 】


【 大学入学共通テスト対応 Listening&Reading対策 】


【 過去問演習講座大学入学共通テスト対策 】


早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 44