合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大阪大学
工学部

no image

写真

加藤優弥くん

東進ハイスクール奈良校

出身校: 奈良女子大学附属中等教育学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: SSHサイエンス研究会化学班 班長

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

自分でルールを決め苦手科目に立ち向かった

 正直僕は、第一志望校である大阪大学に推薦入試で合格できるとは思ってもいませんでした。今でも幻ではないのかと疑うときがあります。こんなことができたのは決して自分自身の力だけではありません。学校の先生や東進の担任の先生、担任助手の方々、また親などの家族の協力があったからこそだと思います。本当に感謝してもしきれません。

僕が東進に入ったのは高校2年の春休みに体験授業を受けてからです。体験授業の時に受けるセンター模試を受けたとき私は英数の成績が絶望的に悪く、これではどこの大学にも受からないと言われました。そこから、当時はまだぼんやりとしか意識していなかった受験勉強をスタートしました。

その年の秋の学校の学園祭までは、学園祭の準備をしながら勉強を進めていたのですが、勉強にそれほど力を入れていなかったため、半年ほどたっても英数の成績は上がらずむしろ下がっていたこともありました。英数は文系理系に関わらず受験の骨組みといっても過言ではありません。英数が遅れると本当に取返しがつかない状況になりかねません。これによって僕はかなりの痛手を高校3年の共通テストまで引きずることになります。この時の様子を今思い返してみると本当にもったいないことをしていたなと痛感します。

東進は決まった授業時間がないので、自分のスケジュールに合わせて勉強を進めることができます。しかし、逆を言ってしまうと自分自身で予定を管理しなければならないので予定が遅れることが続いてしまうとその遅れを回復するのに手いっぱいで、受講の中身がしっかり頭に入りきらなくなってしまいます。そのため、学習した部分が早期のうちに抜けてしまい結果としてもう一度復習しなければならないのです。いわゆる二度手間というやつです。受験における二度手間は非常に痛手です。その時間がもっとほかのことに使えるのですから。

僕は、自分だけではなく担任助手の方や担任の先生と一緒に予定を立てることで、この状況を打破しました。この日までにこの受講や高速マスター基礎力養成講座を絶対に終わらせる、という具合です。自分自身ですることが難しいときは担任助手の方や担任の先生の力を頼りましょう。解決策を最後まで一緒に考えてくれて決して悪い方向にはなりません。

また僕の場合は、苦手科目である英数を、一日の勉強の最初にやるようにしていました。最初に英数をやらないと他の科目を勉強してはいけない、と自分で決め、それを周りに言うようにしていました。そうやって自分でルールを決めてそれを他人に言っておくと嫌でもやるようになります。なにせ自分のやりたい科目が英数をやらない限りは封印されているのと同じなのですから。僕はこの方法を高校3年の夏休みにやりました。

朝8時に東進に入って10時半の学校の補講までにセンター試験の数学1年分と高速マスター基礎力養成講座をやる。これをひたすら続けました。その結果8月末の共通レベル模試で英数ともに成績が大きく上がりました。共通テスト本番では数学ⅠAと地理がうまくいかず、目標の8割越えはなりませんでしたが、幸いにも自己採点では7割を切った科目は一つもありませんでした。共通テストの自己採点ができたときに推薦どころか一般入試で負けてしまうのではないかとかなりショックを受けましたが諦めずに二次対策などを怠らずに続けた結果、推薦入試という形で無事に合格でき本当に良かったと思います。

この文を読んでくださっている後輩の皆さん、僕をしくじり先生だと思ってくださって問題ないです。おそらく僕のようなめちゃくちゃなやり方をしている方はそういないでしょう。もしいるのだとすれば本当に悔い改めた方がいいです。皆さんにはまだ時間があります。だからこそ、バランスよく部活や学校行事の準備活動に全力でやりつつそれと同じくらいに勉強を頑張ってほしいです。

あと忘れてほしくないことが一つ。それは、家族への感謝の気持ちを絶対に忘れないことです。皆さんがこうして勉強できているのは親御さんたちの協力があるからです。本当にこれだけは忘れてほしくないです。それではみなさんの健闘を心から祈っております。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

長期期間における勉強の進め方をフォローしてくれたこと推薦入試の対策を考えてくれたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

短期間の勉強の進め方をサポートしてくれたこと日常的にフォローしてくれたこと。質問対応に応じてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

共通テストにおける時間配分など当日のイメージをしやすくしてくれる模試。共通テストレベルなので基本的な知識が抜けているところがすぐにわかる。またデータであれば試験結果が3日程度で分かるのもよい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業を受けている友人に紹介されたこと。またチラシが家に届いていたこと。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強時間からの休憩時間のイメージ。最後のグループでは一緒に問題を解いたりと仲が良かった印象。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

得意科目である化学の点数が伸び悩んだこと。もう一度基本を再確認してスランプを脱却した。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

流体力学を勉強し、新幹線やリニアモーターカーなどの高速車両の車体設計をしていきたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
英語の基本的な部分がこれ一つで抑えられる。特に共通テスト対応英単語1800、英熟語750、英文法750は共通テストの英語の基盤になるので重要。この3つをクリアした後に別の単語帳とかをやると派生語などを理解しやすいと思う。

公開授業
生で授業が聞けることが大きい。迫力満点。

東進模試
模試の頻度が多いので定期的に自分の学力が確認できる

Q
おすすめ講座
A.

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
受験英語全般の基本から応用まで幅広くカバーできる長文読解に便利

【 テーマ別数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
数学の応用レベルがわかるようになる。ちょこちょこ大学数学と思われる範囲もあるが、比較的理解はしやすい。しかし基本がしっかり固められていないとこの内容の知識を知っているだけで使い道がわからないという状況が生まれるので要注意。

【 受験数学Ⅲ(応用) 】
数Ⅲの応用問題ができるのだが授業はかなりわかりやすい印象。しかし、毎回の確認テストがハードであるので毎回の授業を深く理解する必要がある。

大阪大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14