合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

成城大学
社会イノベーション学部

no image

写真

錦織美玖さん

東進ハイスクール五反田校

出身校: 実践女子学園高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高3・3月

この体験記の関連キーワード

自分なりに分析したことにより、問題の傾向が分かるようになった

 私は、高校3年の冬に学校推薦型選抜で大学に合格しました。高校2年の夏休みに東進ハイスクールに入り、学校推薦型選抜を考えつつ一般受験もできるようにしていました。

一般受験の対策では、実際に大学の試験を受けることがありませんでしたが、とにかく英語が苦手だったので単語力を上げるようにしていました。具体的な勉強方法としては、朝起きた後ターゲットを一周したり、学校の登下校の時間で高速マスター基礎力養成講座のアプリを活用して出来るだけ多く英単語に触れたり、簡単な長文を読んで覚えた単語を応用できるようにしたりしていました。

また、国語も苦手な教科で共通テストでも点数があまり取れなかったのですが、講座を受けて文章に印をつけたり、問題と文章の読む順番を変えたり、文章の読み方を変えたことで正解できる問題が増えました。

そして、英語も国語もセンター試験の過去問や共通テスト試行調査を10年分解き、自分なりに分析したことにより、問題の傾向が分かるようになってきました。少しずつ点数も上がってきたので受験に対するモチベーションを保つことができたと思います。

学校推薦型選抜の対策では、高校1年の最初の試験からすべての教科を常に70点を超えるようにして、成績は5段階の内4以上を取るようにしていました。学校推薦型選抜で取れる大学の評定基準は大体3.8以上が多いので高校3年生の前期の試験までで成績が4以上にあったことが第一志望合格の近道になったのだと考えています。高校での選考が通ってからは、志望理由書と課題を大学から課され、同時に出願しその後合格をいただくことが出来ました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国統一高校生テスト

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


成城大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1