合格

ぞくぞく公開中!1560人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本女子大学
文学部

no image

写真

廣瀬碧衣さん

東進ハイスクール柏校

出身校: 流通経済大学付属柏高等学校

東進入学時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

目標を見失わずに勉強し続けられた

 私はコロナでの休校が明けてすぐの高3の6月に、東進に入りました。もともと日本史が嫌いで、休校中は全く日本史に触れていなかったので、東進に入ってからはスタンダード日本史の受講と一問一答を繰り返し、毎日日本史に触れるようにしていました。東進は模試がだいたい月に1回のペースであるので、模試ごとに目標点を決め、それに向けて計画を立てて勉強し、模試が終わったら復習、上手くいかなかった部分は改善して、また次の模試に向けて勉強することができ、途中で目標を見失わずに勉強し続けられたのは良かったと思います。

しかし、受験で英検の点数も必要だったので、その勉強も同時進行でやらなければいけないときは、どっちも中途半端になって思うように点数が伸びないことが続き、滑り止めのつもりで書いた大学の判定もE判定だったこともあり、本当に苦しい時もありました。でも担任助手の方が英検や模試の度に励ましてくれたり、結果を気にしてくれたりして、苦しい時も、応援してくれる人がいるから諦めずに頑張ろうと思えたのはとても良かったです。

また、グループ・ミーティングで友達と励まし合ったり、担任助手の先生と話をしたり出来たのは、本番直前期は特にいい息抜きになり、緊張しすぎて勉強に手がつかなくなることなく、本番を迎えられて良かったなと思います。私はこの受験を通して、本当に沢山の人に支えられて、応援されているなと感じたので、これからもたくさんの人への感謝を忘れずに色々なことに挑戦していきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業が自分に合っていると思ったから。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試


確認テスト


学力POS


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】


【 スタンダード日本史B PART2 】


【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】


日本女子大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3