合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大阪大学
法学部

no image

写真

荒木孝仁くん

東進衛星予備校上溝校

出身校: 相模原高等学校(県立)

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: 科学研究部

引退時期: 高2・10月

この体験記の関連キーワード

基礎が無ければ応用などできっこない

 僕は東進で、何か特別なことをした、というわけではありません。主要科目に関しては東進で与えられたコンテンツをこなしていました。授業を受け、高速マスター基礎力養成講座で基礎を補う、その繰り返しでした。また、それ以外の科目は教科書を使って基礎を叩き込み、演習書などで演習を繰り返していました。一問一答も有効に活用しました。

東進のコンテンツで特に役立ったと感じているのは、志望校別単元ジャンル演習講座です。AIが生徒一人ひとりの傾向を分析して、最適な出題をしてくれます。これは本当にすごいことです。このコンテンツによって、何が出来ておらず、何を解くべきかということを、自分で分析する多大な時間と労力を割かずに済みました。その分、勉強のために時間と労力を費やすことができたことは大学合格への近道だったのではないかと考えています。また、単元ジャンル演習は、東進で受講している科目だけでなく、入試で必要な科目全てが演習の対象となっていたため、余計な費用をかける必要もありませんでした。

皆さんにアドバイスがあります。それは、「応用をやるなら基礎をやれ。」です。この言葉、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。ある大学教授の言葉なのですが、東進英語科の今井先生も授業で紹介されていました。本当にその通りだと思います。基礎が無ければ応用などできっこないのです。

基礎を固めるために何をやればよいか。それは高速マスター、この一点に尽きます。東進の高速マスターは内容が頻出のものに絞り込まれているので、効率良く勉強を進めることができます。ですから、高速マスターは甘く見ないで、むしろ受講より大切なのではないかという意気でやるべきでしょう。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方との関わり。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自身の体験を話してくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解説授業が役に立ちます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近かったからです。他にも中学校の頃通っていた予備校の先生に、勧められたというのも理由の一つです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

仲間と息抜きのつもりで話せたこと。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業。受験にためになることを得られた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

3年の10月ごろ。今踏ん張れば志望校合格に近づくという思いを持った。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学生活のことを考えること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

中学校の予備校の先生に勧められたこと。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自身を成長させてくれるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来は労働者など弱者を救う仕事をしたいと考えている。そのために、リーガルマインドを身に着け、弁護士となって彼らを救いたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

学力POS


公開授業


特別招待講習


Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のD組・英語スタートダッシュ教室 】
軽快なトークがやる気を引き出してくれるから。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
抱腹絶倒の講義がやる気を維持させてくれるから。

大阪大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3