合格

ぞくぞく公開中!1560人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
文学部

no image

写真

武居由樹さん

東進ハイスクール武蔵小杉校

出身校: 多摩高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: 料理研究部

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

過去問をたくさん解いて苦手を潰し、平常心で受験できた

 元々ほかの塾に通っていましたが、英語の模試の成績が伸び悩んでいたこともあり、大学進学において実績のある東進に通うことを決めました。最初の頃は英語の受講をいくつか入れていたこともあり、なかなか他の生徒のように過去問演習講座を期日までに行うということができませんでしたが、毎日受講席に座り、演習を行い、添削課題を提出することをルーティーン化し着実に熟していきました。

9月、10月頃には過去問演習講座大学入学共通テスト対策や第一志望の過去問を解き始めました。何年分かやっていくうちに、問題形式に慣れ始めて比較的スムーズに解けるようにはなりました。しかし、まだ知識量が足りておらず、第一志望の過去問は、好きな世界史であってもよくて7割、平均で6割程度でした。私立文系を主な受験校にしていたので、共通テストはあまり力を入れすぎないようにはしつつも、基礎を復習するにはかなり役立つので、過去問や模試で間違えた問題の復習は必ず行うようにしたし、解き直しも行いました。

過去問や東進模試では世界史は平均して8割でしたが、好きな科目で点を落としたくなかった上、他の教科の弱点をカバーする要として本番は100点を取ることを目標にしていました。全体を通して共通テスト本番レベル模試を含め模試の結果はあまり変化しませんでしたが、元々英語も国語も良い時と悪い時の波が激しく不安定なことが多かった最初の頃と比べると安定して7,8割とれるようになっていました。

最終的に本番の共通テストでは英語、国語では8割近く、世界史では模試を含めた最高点の95点を叩き出すことができたので良かったです。

志望校別単元ジャンル演習講座は志望校に沿って各教科の大問の類題を沢山解くことで、問題形式に慣れるとともに、苦手を潰すのに役立ったと思います。実際に第一志望を受験しに行くまでに、第一志望の過去問は10年分とおよそ5年分(2周目、得点の低かったところ)を解いていたので問題形式においては焦ることはなかったし、第一志望を受験する前に4,5校は既に受け終わっていたので、平常心で解くことができました。

また、ほとんどの受験校で座席が一番前かトイレの近くだったので、あまり周りが気にならずに集中して解くことができました。「周りが天才のように見えるから、かぼちゃなどに見立てろ」と学校の先生に言われていましたが、受験する大学に着いたら、参考書やノートをガン見して少しでも頭に叩き込もうとする、もしくは復習するのに必死だったし、問題を解いているときは問題に集中しているので、そもそも周りを気にする暇などありませんでした。なので、メンタル面においてはあまり心配することがありませんでした。

正直、第一志望を受験したとき、後で解答速報と照らし合わせて自己採点をしてみたときあまり良くなかったので、受かるとは思っていませんでしたが、受かっていたので嬉しかったし、実は高校入学前から第一志望にしていたので今も心の底から喜んでいます。

今後は好きな世界史をより深く学ぶために大学をうまく活用していきたいです。また、教員と学芸員の仕事に興味を持っているので、その方面の勉強や活動を行っていけたらいいと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

柔らかい物腰で丁寧に説明してくれたので話しやすかった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

何でも質問していいよ、と言われたので気兼ねなく質問することができたし、受験勉強の参考になる話をかなりしてくれたので役に立った。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本番の心持になって取り組める最後の模試だからおすすめ。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

大学進学において実績があったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

最初は仲良くなれるか不安だったが、メンバーみんなが明るく迎えて話しかけてくれたので結果的に2人になってしまったがこのグループでよかった。来週のやることを決める良い機会になった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

SNSはアプリを消していたが、私は生きがいがゲームだったのでゲームのログインは必ずしていたし、ご飯の時間と並行してゲームをしていた。ただし、やりすぎていたら次の日は親に預けるか東進に籠るようにしていた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

兄と父が通っていた大学であり、家から通いやすく、有名だったから。また、親戚含め家系が天才ばかりで負けてられないと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生における重要な通過点

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
添削されることにより、自己採点とは違った他人の採点の厳しさ又は甘さを知れるし、実際の受験も他人に採点されるので解答に注意を払うようになるから。

担任指導
気持ちの整理をすることができたりこれからすることなどの指針になったりするから。

確認テスト
自分の間違いが明確化でき、データとして残るから。

Q
おすすめ講座
A.

【 慶大英語 】
慶應義塾大学の英語の長文読解に対してどう読むのが効果的か、講師の人が丁寧に解説してくれて分かりやすかったし授業がスムーズだったから。

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
安河内先生の授業は毎回名言を引用して覚えるのが楽しかったし、先生自体も面白かったので、英語に苦手意識を感じていた私にとってその苦手意識を払拭するきっかけとなったから。

【 過去問演習講座 慶應義塾大学文学部 】
第一志望の過去問をただ解くだけでなく、添削してもらうことで採点基準や客観的な意見を知ることができ、独りよがりな勉強にならずに済んだから。

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3