合格

ぞくぞく公開中!1553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
国際教養学部

no image

写真

秋山紗葵さん

東進ハイスクール高田馬場校

出身校: 品川女子学院高等部

東進入学時期: 高3・7月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

他人を気にしないこと

 個人的に思う東進の素晴らしいところは二つあります。まず一つが担任や担任助手の温かさです。私は、一般受験の勉強と並行して、AO試験の対策をしていました。そのため、夏休みは周りと自分の勉強内容に差を感じたり、一般受験に向けての直前期にも不安で泣いてしまうことが多かったです。それでも担任や担任助手は正面から向き合ってくれ、他愛もない話をして息抜きの時間を作ってくれたりと、本当に私の受験生活において欠かせない存在でした。

そして二つ目は学習コンテンツの充実さです。志望校別単元ジャンル演習講座と第一志望対策の演習に関しては、この二つのおかげで合格できたといっても過言ではないくらい、取り組んでいくうちに自分の成長を実感できました。本当に東進に通っていなかったらこの合格は勝ち取れなかったと心の底から思います。

私は高1の時に早稲田大学のオープンキャンパスに行き、実際に国際教養学部の模擬授業を受けたことがきっかけで目指し始めました。高1で三か月の留学を経験したものの、英語力は国際教養学部の帰国生レベルには到底及びませんでした。しかし私は英語を勉強することがすごく好きだったので、受験生活最後まで英語の勉強が辛いと思ったことはほとんどありませんでした。今考えると私の勝因はそれだったのではないかと思います。

受験勉強は一年という長い時間をかけて取り組むものです。誰でも人間なので、好きじゃないことをそんな長期間行うことはなかなか厳しいと思います。だからといって好きな教科を見つけろと言われても簡単にできることじゃないと思います。受験生になると受験はあくまで途中経過だといわれることが多いかもしれませんが、本当にその通りです。漠然とでもいいので自分が将来どうありたいかを日常的に顧みる機会を作ることをお勧めします。またそこから逆算をして短期目標を立てることはモチベーション維持にもつながります。

あともう一つ伝えたいことは、他人を気にしないことです。私は受験生の中でも、自分の今日のノルマが終わったら帰ると決めていたので、周りがどう思ったとしても、最終下校時間まで残ることをそこまで重視しませんでした。これらは私が受験生活を経て自分に合ってると思って続けてきたことですし、大学や学部によってもそれぞれの受験生活があります。受験勉強に正解なんてありません。どんな結果になっても後悔はなかったと思えるよう、一瞬一瞬を大切に過ごしてください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

わたしが不安で号泣したのに対して、親身になって相談に乗ってくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティングの時間が本当に息抜きになったし、直前期に週一で面談して進捗報告したのがすごくよかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分が志望校の中でどの位置にいるのか、毎回の模試で間違える苦手分野はどこかを熟知する。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

息抜きの時間として他愛もない話ばかりしていたのがすごく楽しかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力、多忙に慣れていたこと

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休み。周りと比べてばかりいたことに何の意味もないといろんな人に相談したことで気づけたので、そこからは自分の勉強に全力で取り組もうという気持ちになりました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

短期目標を立てる。時間を決めて第一志望のパンフレットを見たり、検索したりして、自分の生きたいという気持ちを再確認した。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高1のオープンキャンパス

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

この先こんなに周りの人に支えてもらって、何かに全力に打ち込めることはなかなかできないことなのでとても貴重な経験でした。経験した人とそうでない人との経験値の差はものすごくあると思うし、本当につらかったけど、やり切ったときに達成感は何にも代えられないほどのものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

進学先ではほとんどの授業が英語で行われるので、英語力はもちろん、第二言語を習得して、一年の留学の経験を活かして、世界に通用する人財になりたいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 難関大対策 自由英作文 】
ライティングの基礎的な書き方を踏まえて、さまざまな形態のライティングに取り組み、動画での解説、添削までついてるのでライティングの試験がある人はぜひ受けるべきだと思います。

【 世界史のまとめ 要点整理編 】
共通テスト直前期に受けましたが、世界史を横に見ることはこういうことかととても勉強になりましたし、先生の解説もとても分かりやすいです。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 61