合格

ぞくぞく公開中!1560人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

中央大学
総合政策学部

no image

写真

橋本莉佳子さん

東進ハイスクール小手指校

出身校: 錦城高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 吹奏楽部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

東進は勉強のモチベーションであり、努力する場所であり、自信をつけてくれる場所

 私は英語が一番苦手で嫌いでした。学校での模試も下から数えたほうが早く、ずっと英語から逃げていました。私が英語が苦手だった原因は単語力でした。そのため東進に入ってから、高速マスター基礎力養成講座を毎日やり単語をたくさん覚え、また全受講を早く終わらせて、復習の時間をたくさんとるようにしたことで、英語の基礎を短期間で身につけることができました。単語力がついたことで読むのが嫌だった英語の長文もだんだんと読めるようになって英語が好きになり、模試での得点も上がっていきました。

後半からは志望校別単元ジャンル演習講座で、長文を一日に一つは解くようにしました。英語を伸ばすには単語力だけでなく文法などの基礎も重要ですが、英語を理解するための一歩として単語はとても大事です。英語は頑張ってきたことがすぐに結果に出なくても、自然と蓄積されていき、蓄積されたものが絶対に英語力の向上に繋がります。頑張っていることを信じて続ければ結果は必ずついてきます。

受験勉強は大変でしたが、自分自身と向き合い、自分の可能性を広げ、成長させてくれるものでした。自信を失くしてしまった時、担任助手の方や友達、家族からの励まし、アドバイスによって頑張ることができました。

受験勉強は一人ではなく、周りの支えがあってできることだと実感しました。私にとって東進は勉強のモチベーションであり、努力する場所であり、自分に自信をつけてくれる場所でした。本当に感謝しています。自分の学びたいことを学べる大学にチャレンジすることはこれからの自分の自信や、成長に繋がります。

私は大学で学んでいくことを知識として蓄積し、自分の意見を他の人と共有しながら知識を増やし、たくさんの新しい経験を通して自分の知らなかったことを知りたいです。それらを通して、私のやりたいこと、私にできることを見つけていきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

成績が伸び悩んだ時、担任の先生のたくさんのアドバイスや、悩みを聞いて下さったり、成績が伸びたときは一緒に喜んで下さったことがモチベーションに繋がりました。担任の先生自身の体験談なども活かすことができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも自分の学習状況に合わせて勉強の計画を考えて下さったり、自分の苦手な分野の伸ばし方のアドバイスや体験を話して下さって、私の勉強の方針を明確にすることができました。試験本番前に手紙をいただいたことが嬉しかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国有名国立私大模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

全国有名国立私大模試は主に記述なので勘で当たるということがほぼないため、本当の実力をはかることができ、また苦手な分野も見つけやすいからです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

私は部活が高校3年生の夏まであったので、自分の時間に合わせて学習でき、自分の苦手な科目や単元を徹底的に、何回も復習できるところにに惹かれました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで悩みを共有することで、悩んでいるのは私だけではないことに気づけたし、頑張っている仲間を見てモチベーションを高めることができました。勉強方法を共有できたのも良かったです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強との両立は大変だけど、登下校での電車の隙間時間を使って勉強し、部活の時は部活に集中することで時間を有効に使うことができました。大切な仲間と励んで部活に取り組めたことで、最後までやり遂げる力が身に付きました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

冬期合宿では世界史と英語をひたすら解くことで自分の穴を見つけられ、大学共通テストに向けてやるべき勉強を明確にできました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

合宿は丸一日勉強に集中することで、家ではできない集中力を身につけられ、大学入学共通テスト本番前に最適な環境で勉強できたのが良かったです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

辛かった時期は試験前ずっとでした。でも、今まで頑張ってきたことが結果に出ることを信じて乗り越えました。また担任助手の方や友達、家族からの励ましが力となりました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東進にやる気ない時ほど行くことと、私が楽しいキャンパスライフを送っているのを想像することです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

特にこれがしたいとかはなく、言語、歴史、文化、メディアなど、幅広く学べるところに行きたかったのが理由です。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分自身と常に向き合い、自分の限界を決めることなく可能性を広げていく、自分を成長させてくれるものであり、周りの人の支えがあったからこそ頑張れたものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学でこれから学ぶたくさんのことを日本だけにとどまらず、世界を通して考え、世界の歴史、文化、現代における問題に目を向けながらに私にできることは何か考え行動できる人になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
やればやるほど自然と単語が身について、まだ覚えていない単語はAIが選別してくれるので徹底的に単語を覚えることができるからです。

実力講師陣
自分に合わせたレベルで授業を受けることができるので、分かりやすく、受け終わったあと疑問が残らないくらい納得して学習できるからです。

志望校対策特別講座
苦手な分野を潰すことができるし、志望校に合わせて色々な大学の過去問を解くことができるので併願校の問題慣れにもなります。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語D組・基礎力強化教室 】
先生が面白く分かりやすいので英語が苦手な人でも楽しく授業を受けられ、英語に必要な基礎力を確実に身につけることができるからです。

【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】
私は現代文はどうしてこれになるのかという疑問が出やすかったのですが、根拠を明確に正解へのプロセスを教えてくれるため、理解しやすかったからです。

【 スタンダード世界史XI ふたつの世界大戦~苦悩のアジア~ 】
世界史では複雑になり理解するのが難しところを、理由と原因とともにしっかり教えてくれるため、自分が勘違いして覚えていたところを明確にしてくれるからです。

中央大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0