合格

ぞくぞく公開中!1553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

学習院大学
文学部

no image

写真

土肥由依子さん

東進ハイスクール津田沼校

出身校: 津田沼高等学校

東進入学時期: 高3・7月

所属クラブ: 美術部 部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

毎月の模試で、勉強した知識を実戦に近い問題ですぐに使える

 東進に入学したのは高校三年生の七月と、周囲の受験生よりも遅めでした。入学を決める少し前に、学校で東進模試のことを知り、模試を受験しました。その際に同じ高校の先輩で担任助手をされている方とお話しして、入学を考え始めました。そのころには部活を引退していたので、勉強に集中できる状態からのスタートでした。

入学してすぐに、終わらせなければならない講座や高速マスター基礎力養成講座に追われる生活になりましたが、夏休みに入ってからは、一日に各講座一コマと高速マスターを飽きるまでやるなど自分の目標を決めて、コツコツ確実に進め、夏休み中にほとんどの講座を終わらせました。高速マスターは学校の登下校時に電車の中で進めたり、学校の休み時間に進め、なんとか終わらせることができました。

私の東進のおすすめは、模試です。特におすすめするポイントは、回数が多い点と、受験した後結果がすぐに返却される点です。共通テスト本番レベル模試と全国有名国立私大模試がほとんどの場合交互に実施されていたので、ほぼ毎月末模試があり、勉強した知識をすぐに実戦に近い問題で使えるので、身についているかどうかすぐにわかります。また、模試の記憶が鮮明なうちに結果が返ってくるので、すぐに復習でき、時間を有効に使えました。

またグループ・ミーティングが週に一回行われ、そこで担任助手の方や他の生徒と話すことが良い気分転換になりました。私のグループは学校が違う生徒しかいなかったので、色々な人との交流で視野も広がった気がします。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつまでに何を終わらせるかを調整してくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

頑張ったときに褒めてくれたとき。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

早く返却されるところと、詳しいデータが見られるところ。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅で受講ができるため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで模試の話や、分からない問題の話をしたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

人と話し合い、意見をまとめる力。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

第一志望に受かった後のことを考えて乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

本番が終わるまでの日数を数える。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスに参加したこと。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

貴重な人生経験。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で学んだことなどを、人々に広めて人々の生活を豊かにしたい。

Q
おすすめ講座
A.

【 センター試験現代文完成(90%突破) 】
実際に解きながら授業が進むのでどこが大切かわかる。

【 ハイレベル世界史Ⅸ〔近現代史①〕 戦間期と第二次世界大戦 】
わかりづらい現代史がイメージで覚えられる。

【 過去問演習講座 学習院大学(文系学科) 】
印刷して何度も解くことができるから。

学習院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1