合格

ぞくぞく公開中!1560人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

中央大学
経済学部

no image

写真

生田豪くん

東進ハイスクール都立大学駅前校

出身校: 目黒高等学校

東進入学時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

最後まで粘り強く続けることの大切さ

 長いようで短かった大学受験で学んだことは主に2つあります。1つ目は、環境の大切さについてです。勉強ばかりの日々で、たまには勉強に身が入らない時だってあります。そんな時でも、とりあえず東進に来たら勉強せざるを得ません。また、わからないところがあったら、すぐに質問することができるし、なにより同じ空間で頑張っている仲間を見ると、自分も負けてられない、頑張らないとという気持ちになることができます。この仲間というものは、自分の受験生活の中でかなり支えになったものだし、競い合えるいいライバルでもありました。これらの点は、東進に入ってこそ経験できるものだと思います。

2つ目は、忍耐力です。受験生活が始まって、無事大学に合格するまで、ひたすら勉強する日々が続きます。この日々の中で、今までわからなかったものが解けるようになったり、模試の点数に伸び悩んだり、いろいろなことを経験します。その中で、甘えずに、いかに自分の意志を強く持っているかがとても重要になってくると思います。

また、僕はバスケットボール部に所属していました。しかし、コロナウイルスの影響で練習ができなくなり、大会もなくなってしまいました。そうしているうちに引退の時期になり、部活を不完全燃焼のまま引退するのか、10月の大会までやりきるかという決断を迫られました。ほとんどの人はそのまま引退しましたが、僕はこのままなあなあで引退しても、将来絶対に後悔すると思い、続けることにしました。確かに、体力的にも大変で、とてもきつかったです。ですが、しっかり最後までやりきれたからこそ、100パーセント受験勉強に身を入れることができたので、この決断は間違っていなかったと思っています。

大学受験というものを経験したからこそ、学べることもあったし、実際にやり通して、最後まで粘り強く続けるということの大切さがわかりました。最後まで諦めないで良かったです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

集中して勉強できる環境と大学受験の情報を得るため

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語C組・基礎力完成教室 】


【 政治経済演習(国際政治・国際経済) 】


中央大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1