合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京理科大学
理工学部

no image

写真

川内拓己くん

東進ハイスクール川崎校

出身校: 鎌倉学園高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

部活で成功体験を得たことで、受験でも最後まで粘り強く戦う事ができた

 僕が第一志望に合格できた理由を2つ話したいと思います。

1.計画作りをしたこと

サッカー部での活動と両立して効率よく勉強をするために、毎日何を勉強するかを決めていました。高3の夏までは模試で判明した自分の苦手部分を克服できるような計画を立て、それ以降は第一志望過去問を研究して、頻出テーマの中から苦手を中心的に取り組みました。毎月模試があったので、そこでの目標点を決めて、そのための計画を作っていました。反省点はもちろんたくさん出ましたが、一番大事にしたことは、一ヶ月間でうまく行ったことを、他の教科の勉強に応用できないかを考えることです。また、自分の受験科目すべてを1日に勉強できるように計画しました。どの科目も継続することで力がついてくると思うので、どんなに得意な科目でもちゃんと触れることが大事だと思います。

2.継続をし続けたこと

模試や過去問で目標点をとるために計画を立てて勉強しているのに、結果が出なくて苦しみました。(特に数学)模試では10月頃までは40点くらいしか取ったことがなくて、勉強に対するモチベーションを失いました。しかし、自分の勉強方法や先生の「諦めなければ伸びる」という言葉を信じて努力をし続けました。結果的には共通テスト本番で数2B93点という好成績を残すことができました。

自分が諦めず努力できた理由は、サッカー部をやめずに最後まで続けたことです。サッカー部では試合に出れず、悩んだ時期がありました。勉強を理由で辞めていく仲間もいました。僕には辞める理由はいくらでもあり、今思えばよく辞めなかったなともいます。辞めたら共に戦ってきた仲間や顧問の先生に失礼で、何より試合に出れないままでは絶対後悔すると思ったので、最後まで試合に出るための努力を続けることができました。運もあり最後の大会ではスタメンで出ることができたという成功体験を得る事ができました。「諦めず努力をし続ければ後悔しない結果得られる」ということを学ぶことができたので、受験でも最後まで粘り強く戦う事ができました。

目標に向かって努力をし続ければ望んだ結果が出るとは限りません。しかしそれをしない限り望んだ結果は得られません。このことを胸に刻んで、受験勉強頑張ってください!

3.最後に

受験は結局はどれだけ努力したかです!最後まで諦めず努力し続けて第一志望合格を掴み取ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試(現:早慶上理・難関国公立大模試)

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

実力試し

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

兄が通っていたから

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強が進められるから

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

継続力

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

数学で成績に伸び悩んだ。ひたすら問題を解いて自信をつけた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受かるという気持ち

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学びたいことと自分の学力でちょうどよかったから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

努力すれば結果が得られるという成功体験を掴むためのもの

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語C組・基礎力完成教室 】
英語の基本が得られる

【 スタンダード物理 Part1 】
物理が好きになる

【 スタンダード物理 Part2 】
物理が好きになる

東京理科大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 25