合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
社会学部

no image

写真

山下航平くん

東進ハイスクール稲毛海岸校

出身校: 千葉市立稲毛高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 陸上競技

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

基礎の復習は常に繰り返すこと

 僕は受験勉強を始めたのが高校三年生に進級してからであり、最初は何から手をつければいいのか全くわからずにとても困ってました。そのような状況の中でも担任助手の方たちと共に丁寧に予定を立てていくことで少しずつ目標にも近づくことができ、最終的には目標としていたMARCHに合格することができました。

週一回のグループ・ミーティングでは一週間の進捗について仲間と協議することで、自分の立ち位置を確認することができ、お互いに目標を共有することで刺激を受けあうことができました。

特に僕は、東進でとる授業も少なかったため比較的自由に勉強することができ、自分なりに有意義に勉強することができました。授業では、林修先生の現代文の授業は論理の主題を的確に抑えつつ、設問に対する的確な根拠を拾うことを学びました。

また、志望校別単元ジャンル演習講座の世界史は入試本番でも問われた問題が多くあり、記述問題の添削も行ってくれた為、時間が空いたときに気軽に学習することができ有用でした。

これから受験をする後輩に伝えたいことは、基礎を少しでも見直し、計画を一日単位で考え直すことです。僕は成績の低迷が原因で焦ってしまい、英語では文法や単語、熟語などの基礎に立ち返らず、基礎がままにならない中で問題演習を優先してしまうという失敗をしてしまいました。どんなに基礎を繰り返し学んでも人間が主体である以上、忘却は必ずします。目を通すだけでもいいので焦る気持ちを抑えつつ基礎の復習を常に繰り返すことを勧めます。そして自分の現状を知り毎日計画を立て続けることが重要です。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

常に励まし続けてきてくれたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の立ち位置を数値化し可視化して提示してくれたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

それぞれの教科の基礎の確認として

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅受講が可能で、学校と家からも近く負担も少ないと考えたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

有限実行のための場所として活用した

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活の方が遥かに肉体的にきつかったため忍耐力がついた

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業は普段、映像を通してでしか見たことのない先生と会えて興奮した

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

9月から入試本番まで。大学にはいったらやりたいことを思い描いていた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学生活の想像

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分に自信をつける為に偏差値の高いMARCH以上の進学を目標にした。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の性格や特徴を知れた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

周りの人間に思いやりの心をもって接せる人間に成長したいと思う。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】


【 今井宏の英語B組・実力アップ教室 】


法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 23