合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京農業大学
国際食料情報学部

no image

写真

金はなさん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 横浜清風高等学校

東進入学時期: 高2・5月

所属クラブ: バトントワーリング部

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

努力に相当する結果は必ずついてくる

 私は勉強が好きではなかったので東進までの道のりの間足がいつもより重く感じたことをおぼえています。しかし東進に入れば自分より早く勉強している人、難関校の過去問また同じ志望校の過去問を解いている人などみんなそれぞれただひたすらに勉強にうちこむ姿がありました。焦りを感じるとともに、やる気や闘争心が沸いてきました。合格の一因には間違いなくこの環境があると思います。担任助手の方のアドバイスや体験談などは本当にためになりました。沢山ある塾から東進を選んで本当に良かったと思います。

模試は自分の位置の確認やこれからの計画を立てる指標になるので頻繁にできればすべて受けるといいと思います。点数のことを言うと私は英語9割、日本史5~6割、国語6割という感じでした。模試2週間前ぐらいから模試気切り替えて自分の苦手科目を中心に勉強していました。また模試が終わったらすぐに答え合わせをして模試明けのグループ・ミーティングまでには復習をしておくようにしていました。また東進の担任の先生方がおっしゃる通り過去問は自習室で本番さながらの気持ちで解くべきだと思います。そうした時と違う時では本番の所要時間や結果に差がありました。なので過去問を解く際はいつでも緊張感をもって解くことが大切だと思います。

進学先でも東進で学んだ継続する力や緊張感を忘れず何事にも真剣に取り組もうと思っています。そして受験を通して知った、努力に相当する結果は必ずついてくるということを胸に刻んでいこうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

日本史で行きずまった時私に足りない力を補える参考書を教えてくださりそこから日本史を伸ばすことができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強面では先輩として今やるべきこともはっきりと教えてくださり、現状をしっかり受け止めることができました。さらに生活面でも睡眠時間など様々なアドバイスを下さりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

レベルも雰囲気も本番さながらなので緊張感をもって挑むことができ本番慣れすることができます。しかし受けるだけではもったいないので、そのあとしっかり復習しその模試すべてを自分のものにできるといいと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

新聞の折り込みに無料招待のカードが入っていて時期も時期でしたので、体験に行ったのがきっかけでした。講座や先生の話を聞いてみてとてもわかりやすかったので入学を決めました。また志望校を決める上でのアドバイスやグループ・ミーティングでお互いを高めあえるのも東進を選んだ一因です。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強の合間のちょっとしたリラックスにもなりましたし、周りた自分を比較できる場としてより一層やる気を沸かせることもできました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

気持ちのメリハリをつけることができました

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

スランプは誰にでもあると思います。そんな時は体験談を読んだり受験に落ちた自分や逆に受かって解放された自分など受験に関する想像をして気持ちをうまくもっていけるようにしました。またいつもやっている勉強ではなく基礎をやってみたり日本史だけの日などを作ってとにかく机に向かいました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受験から解放された日々を想像するに尽きます。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

先生の勧めや就職率または自分のやりたいことがあるかなど様々です。なかなか決めるのが難しい場合は過去問を解いてみるのもいい手だと思います。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生で一番きつくて一番我慢して一番頑張った経験です。この先の人生辛いことはきっとあると思いますが、受験を経験したのでなんでも乗り越えられる気がします。人生で一番価値のある経験です。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は将来世界の貧困問題の終止符を打つことに少しでも協力できればと思っています。そのために国際農業開発学部を選びました。大学でしっかり学んで国際社会の一員として胸を張れるよう頑張ります。

Q
東進のおすすめは?
A.

確認テスト
自分が本当にこの講座をものにして少しでも成長できたか知ることができます。時間制限もあるので試験さながら解くことができるのもいいところだと思います。

担任指導
不安なことなどを相談すると親身になって考えてくださり安心することができました。また模試などの結果から適切なアドバイスも下さり今後の計画を具体的にできました

東進模試
本番さながらの難易度でとても解きがいがありました。返却後には志望校判定や学力グラフなどが掲載されており自分を可視化できました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(日本史史料問題の攻略) 】
先生のリズミカルで面白い授業のおかげで引き込まれるかのように集中して受けれました。内容もとても充実しており苦手だった資料問題が得意になりました。。

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】
私は本当に現代文が苦手でこれがだめだったらどうしようと思っていました。でもこの講座を受けるとそれは単に解き方を知らなかっただけということに気付きました。現代文の基礎から発展までこの講座で学べました。

【 早大英語 】
早稲田といえばとても自分にはとけるものではないと思っていましたが、わかりやすく丁寧な説明のおかげで、内容が理解できるようになり問題も解けるようになりました。

東京農業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2