合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

石鍋有咲さん

東進ハイスクール都立大学駅前校

出身校: 東京学芸大学附属高等学校

東進入学時期: 高2・10月

所属クラブ: 山岳部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

勇気をだして自分の進みたい道に正直になることが大切

 受験を終えた今、冷静に考えると、この一年は自分の将来について考えさせられたものでした。まず高3直前、理系に進むつもりで東進でも物理をとっていましたが、文転しました。そもそも、理系に進もうと考えていたのは、理系の多い環境で過ごしていたからに過ぎず、完全に回りに流されていました。勉強する中で「何かが違う」と違和感を覚え、決意しました。

さらに8月末、メンタル面に自信がなかったこと、文章を書くことが得意だったこともあって、国立志望から慶應のFIT入試に受験プランを変更しました。今まで目指していたものを変えるときは、かなりの勇気が必要でした。特に、受験生のときは「大学受験が人生のすべて」という幻覚を見ていたせいで、そのハードルはさらに高いものになっていました。しかし、今考えてみると自分の気持ちに正直になって目指し続けられたからこそ、心の底から「大学生活が、そして、これからが楽しみ」と思えるのだと思います。

私の急な変更を受け入れて応援してくれた、家族、学校、東進には感謝しかありません。とくに、出願直前はfit入試のことしか考えられず、一般入試の勉強にほとんど手がつけられず不安だったとき、東進で「今は、推薦だけ考えればいいんじゃない?」と言ってもらえて気持ちが楽になったことを今でも覚えています。

「受験がすべて」と考えていた私でしたが、いまでは受験そのものは人生の中ですごく小さな存在です。しかし、将来を考えたり、本気で悩んだり努力したりしたことは、自分自身を大きく変えたと思います。だから、「いまから受験プランを変更するなんて遅すぎる」と感じたとしても、勇気を出して自分の進みたい道に正直になることが大切だと学びました。

ただ、選択肢を広げるためにも1,2年生のうちにいろんな学校のオープンキャンパスに行くことをお勧めします。全然大学を見に行かなかったことが唯一の後悔です。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

一般入試の勉強にほとんど手がつけられず不安だったとき、東進で「今は、推薦だけ考えればいいんじゃない?」と言ってもらえて気持ちが楽になったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

結果が出るのが早く、復習に役立つ

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強を進めることができるから

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

生活力、体力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

英語千題テスト、校舎内でのイベント(過去問演習会)

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

早起きして勉強すること

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分に合った方式だと思ったから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

将来のことを真剣に考えるきっかけになった

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来教育格差を是正するために、大学で学んだ法律の知識や弁護士としてのキャリアを生かして政治に携わりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
結果が出るのが早い

実力講師陣
信頼できる

担任指導
不安が解消できる

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
学校のテスト範囲を網羅することができた

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5