合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文学部

no image

写真

小林寛己くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高3・7月

所属クラブ: 吹奏楽部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

一番大事なのは自分を最後まで信じ続けること

 僕が東進に入学したのは高校3年生の夏でした。そのときは「こんな成績で本当に受かるんだろうか」「こんな時期から塾に通いだして大丈夫なんだろうか」と思っていましたが、諦めずに東進の指導にしたがって頑張った結果、無事に第一志望である早稲田大学文学部に合格することができました。

僕が東進に入る前の成績はパッとしないもので、校内でちょうど真ん中くらいでした。もちろん模試での早稲田大学の判定もEしか取ったことは無く、両親にも半ば諦められていました。しかし東進に入ってからは、成績がみるみる伸びていき、模試の判定でもDやCを取れるようになりました。共通テスト本番では英語8割、世界史では満点を取ることができました。

僕がここまで成績を伸ばすことができたのは、東進のコンテンツ、その中でも「志望校別単元ジャンル演習講座」のおかげだと思います。これは、今までの自分の成績や先輩たちのデータをもとに、自分に足りていない部分の演習問題をAIが示してくれるというものです。受験期後半の僕は、過去問をやって、そこで見つかった穴を単元ジャンル演習で埋めて、その成果を過去問で確認するというループをひたすら繰り返していました。僕の成績が一番伸びたのはこの時期だったと思います。

今、僕は大学受験という人生の1つの大きな山場と言われるものを乗り越えました。これからは、文学、芸術、その他の様々な面白いものを貪欲に吸収して、これから先の自分の人生の糧にしていきたいです。

最後に、これから受験に立ち向かっていく方々に覚えていてほしいことは、一番大事なのは自分を最後まで信じ続けることだということです。いろんな人が口をそろえてこのことを言いますが、それだけ真に大事なことだということです。

ぜひ、「合格発表のときはどうやって喜ぼう」とか「どんな風に友達に自慢しよう」とか考えながら乗り切ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

全体を通して、常に生徒のことを気にかけてくれていて逐一声をかけてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

プレッシャーを与えすぎず、それでいてゆるすぎないで、生徒と関わってくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

この結果から自分の弱点を洗い出す。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

実績があり、他の塾より信用できたから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループのメンバーと模試の結果や近況を報告しあって励ましあいながら勉強に取り組んだ。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

諦めずに努力する力。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業では、いつも画面の向こう側にいる講師の方の授業を、直接受けることができるので、いつもとは違った雰囲気で授業を受けることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

一時期成績が伸び悩んだ時期があったが、自分を信じることで脱却できた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分を信じること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

キャンパスが魅力的だった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生の山場。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

面白いゲームを作って子どもたちやいろいろな人を楽しませたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
電車の中や学校の休み時間、寝る前のちょっとした時間に気軽にできる。なによりスマートフォンでできるので、ゲームをしようとアプリに伸びそうになる指を引き止めて勉強をする、ということができる。

過去問演習講座
志望校の演習が、過去問だと多くても6年分だが、これは10年分もできる。さらに、過去問は書き込んだら消さなければいけなかったり、本が厚いから書き込み辛かったりと不便だが、これはパソコンから逐一印刷するシステムなのでそういった心配が無い。

実力講師陣
テレビなどで名前を聞いたことがある講師の方々の授業を見ることができる。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅴ~Ⅷ 西洋史編(ヨーロッパ・アメリカ地域) 】
世界史の基礎からマニアックな知識まで幅広く学ぶことができる。合間合間に挟まれる世界史の興味深いエピソードも面白く、世界史を楽しみながら学ぶことができる。

【 早大現代文 実力錬成編  】
過去に出題された早大の問題から講師が学部ごとに厳選したものを読み解きながら早大現代文の傾向や出題のクセなどを学ぶことができる。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 25