合格

ぞくぞく公開中!1541人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

青山学院大学
理工学部

no image

写真

田中嵩人くん

東進ハイスクール荻窪校

出身校: 日本大学第二高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: バレーボール部

引退時期: 高3・2月

この体験記の関連キーワード

効率よく学力を伸ばすことが出来た

 僕は高2の12月に東進に入学しました。きっかけは友人の影響で入学しました。最初は僕にはまだやる気も緊張感も無く、ただ受講をして帰るだけでした。ですが高2の2月からコロナウイルスで学校が無くなってしまいました。そこから僕も緊張感を感じて、受験勉強に時間を多く割くようになりました。

東進の良いところの1つは自宅での受講ができる点です。東進もコロナウイルスで休校になってしまいましたが、自宅での受講ができるので自宅での学習がはかどりました。特にスタンダード物理part1,2(やまぐち先生)は授業がとても面白く、何回も見れば見るほど物理の見える目が鍛えていかれ、物理をどんどん好きになって行きました。問題を解く速度もかなり上がり、ハイレベルの問題も対応できます。

2つ目の東進の良いところは、早期学習のカリキュラムだと思います。東進では5月末までに受講を終わらせてそこからはひたすら演習です。アウトプットをする機会がとても多いので、復習する機会も多くなり、数学や物理などは解法が頭からすらすら出てくるようになり、英語は長文を読むにつれ読む速度、正確性が上がりました。特に「志望校別単元ジャンル演習講座」では記述問題などは添削をしてもらえるので、記述問題の時相手に伝わりやすくするには何をどうすればいいのかを学び、またそれを理解した上での解答対する添削もあるので効率よく学力を伸ばすことが出来ました。そして自分の志望校の対策もしっかりできるので「志望校別単元ジャンル演習講座」は合格するうえで欠かせないものだったと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の悩みに親身になって聞いてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティングや個人面談で悩みをたくさん聞いてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

有名大本番レベル記述模試(現:全国有名国公私大模試)

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の志望校と同じレベルだから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
膨大な演習量が得られる。

東進模試
常にわかりやすい目標が目の前にできる。

担任指導
モチベーションをキープしてくれる。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
授業がとても面白く、何回も見れば見るほど物理の見える目が鍛えていかれ、物理をどんどん好きになって行きました。問題を解く速度もかなり上がり、ハイレベルの問題も対応できます。

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
勉強に対するモチベーションを高めてくれて、何より大学受験に成功するにはどうすればいいか学べます。そして英語の速読力を高める秘策を伝授してくれます。

【 受験数学Ⅲ(基礎) 】
数Ⅲの体系的な理解をさしてくれ、公式は覚えずにいつでも求められるようにするというスタンスで定着した理解ができました。

青山学院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7