合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
経済学部

no image

写真

江藤愛さん

東進衛星予備校八事校

出身校: 千種高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

いつも100%の力で勉強することが大切

 3月に緊急事態宣言が出されて休校になる前に、東進の体験に行ったあの日から、私の受験勉強は大きく変わりました。この一年間を振り返ってみると、あの時に東進に入ったからこそ、合格することができたと強く感じます。

私は、小中と塾に一度も通ったことがなく、高校でも部活動がとても忙しく、学校の定期テスト対策をするだけで、塾に通うことは考えていませんでした。しかし、母に勧められ東進に通い始めると、周りには当たり前に学校終わりに夜まで勉強する高校生がいました。そこで刺激を貰い、受験生としての自覚を持つことができました。

東進の良さは、自分のペースで受講の計画を立てられるところや自分の苦手に合わせた演習ができるところです。また、夏までに徹底的に基礎固めをし、夏に過去問演習、その後苦手の穴を埋めていくというシナリオを事前に把握できたことも合格につながったと思います。これまで独学で定期テスト対策などをしていた私にとっては、受験勉強で何から手をつけていいか分からないという不安がありましたが、東進に入ったことで、効率よく、そして全力で合格のための勉強をすることができました。

休校期間は、誘惑の多い家で勉強しなければいけませんでしたが、東進では受講の年間プランがあり、自分がいつまでに何をしなければいけないのかが明確で、一週間の勉強予定を一時間ごとに決めた計画表を担任助手の方に見てもらうという約束があったので、自粛期間中でも学校があるときと同じような習慣を崩さず勉強することができました。その結果、毎日当たり前に勉強する習慣をつけ、受講を早めに終わらせて過去問に取り組むことができました。

8月末までには、センター試験の過去問10年分と二次試験の過去問10年分を終わらせました。そこで、受講などで得た知識の使い方や自分の苦手を知り、その後の勉強戦略を考えることができました。9月からは、自分の苦手な古文漢文を中心に徹底的に演習しました。自分の苦手に向き合うことは、正直辛かったですが、先生からの「今頑張れば最後には間違いなく上がるよ!」というお言葉を頂き、最後まで頑張り続けることができました。

その言葉通り、8、10月の模試では伸び悩んでいたのが、12月にはA判定が出て、共通テスト本番ではさらに約90点上げ、800点を超える自己最高得点を取ることができました。

東進のコンテンツを有効に使い、基礎固めを怠らず、過去問に早めに取り組んだおかげで、自分の苦手をいち早く克服し、夏に思い描いていた最後の伸びを実現することができました。大学受験を終えた今、復習と分析の大切さを改めて感じています。

私は、過去問や模試の復習をするとき、どうして間違えたのか、どう考えたら正解にたどり着けるのかを考えるようにしていました。また、間違えた問題やそれを復習したときに得た周辺知識、考え方のコツ、間違えたパターンを付箋に書き、バインダーにまとめた苦手ファイルを作りました。それを、学校の10分放課や電車の中、東進でご飯を食べているときなど、空いている時間を見つけてはそれを眺めて何度も何度も復習していました。そのおかげで、同じ間違いをしにくくなったり、自分の苦手分野が知れたり、次同じような問題が出たときに、どう考えれば正解にたどり着けるのかの道筋が自然と思いつくようになってきました。これはぜひともまねしてほしい勉強方法です。

最後に、これから受験生になる人へ。一年間は長いようで短いです。高校受験とは違って、大学受験は範囲が格段に広くなり、すべてを網羅することは困難です。だからこそ、早めに自分の苦手を集中的に取り組めるようにするための勉強計画をしっかり立てて効率よく勉強することが大切です。そして何より、最後まで継続させることも大切です。私は、共通テスト本番の日、人生で一番緊張しましたが、「あれだけ最後まで勉強したんだから大丈夫。」と自分を信じきることができました。私の経験から言うと、東進で最後まで自分を信じて努力し続ければ最後まで伸びます。100点ではなくても、いつも100%の力で勉強することが大切です。努力は必ず報われます。報われるまで努力し続けましょう!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

「自分が今勉強していることは何を克服したくてやっているのか、どんな力を伸ばすためにやっているのかをしっかり意識しながら勉強しなさい。」という担任の先生のお言葉のおかげで、ただ闇雲に勉強するのではなくしっかりと先を見据えて目標をもちながら勉強することができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

なかなか得点が上がらなかったときに、担任助手の方が受験生だったときの体験談やリフレッシュ方法を教えていただいたので、少し精神的にも楽になり勉強のい励むことができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

緊張感を持って臨めるので、オススメです。自分の位置が、同じ学年の受験生だけでなく、別の学年が受験生だったときの同じ時期にどれくらい得点していたかとも比較できるのもいいところです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

センター試験から大学入学共通テストに変わり、記述式の導入も検討されていた中、例年通りの受験とはいかないと思い、毎年現役大学合格者の実績が強い東進を情報収集もかねて入学しました。
また、家からでも学校からでも通いやすい場所にあり、友人の中でも東進に通っている人が多かったので安心して入学できました。自分の苦手に合わせて、AIが自分専用のカリキュラムを組んでくれるコンテンツにも魅力を感じました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

共通の教科で問題を出し合ったり、覚え方を一緒に考えたりしたのがとても楽しく、心のよりどころになり、そこで得た知識も実際に役立ちました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活動をしているときは勉強の不安は一切考えずただただ部活動を楽しみ、部活動が終わると、勉強がしたくなくてもとりあえず東進に行くことで、勉強しかやることがない状況を作り最後まで勉強していました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

自分の苦手な分野の演習ばかりやっていたときは精神的にも辛かったです。そんなときは「なるようになるさ。」という言葉を思い出し、今辛くてなかなか点数が上がらなくても、きっと最後には上がるいうことを信じて頑張っていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東進から家までの帰りの電車の中だけyoutubeを見たり、ダンス動画を見たり、頑張った日にはご褒美として大好きなスイ―ツを食べていました。親に褒めてもらうこともモチベーションになっていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自宅から通える大学として興味を持ち、大学のホームページを見ると、その大学の教育理念や目指す人物像に惹かれて決めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分との戦い。自分を甘やかさず勉強に励み、時には自分にご褒美を与え、勉強方法を常にこれでいいのかと考え日々ブラッシュアップしていくことが大切です。自分を信じることができるまで勉強すれば勝ちです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

いろんな視点から物事を考え、コロナウイルスの影響で停滞した日本の経済を回復、発展させることができるような人になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
過去問をたくさん解いたことで、問題の傾向を知り、自分がこれからどういった勉強をすればいいのかを考えることができました。分からないことがあれば、バックアップサービスを利用して質問できたのも役に立ちました。

志望校対策特別講座
志望校の問題だけでなく、志望校の問題に対抗できるような学力を養うための別の大学の問題を解くことができたので、効率よく合格のための学力を身につけることができました。これは、東進ならではのコンテンツなので、東進に通っていない受験生と大きく差をつけられるチャンスだと思います。

東進模試
東進模試は比較的難しいので自分の苦手を見つけることができるし、同じ時期に自分の志望校に合格した先輩が何点くらい取っていたのかと比較できるので自分の位置をよりリアルに知ることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(日本文化史Ⅰ) 】
文化史はよくでるのに覚えづらく、なおざりにしてしまう分野ですが、流れで覚えることで時代の背景と比較しながら覚えることができるのでとても役に立ちました。

【 富井健二のビジュアル古文読解マニュアル(敬語編) 】
古文において、敬語は問題になりやすく、また、主語を把握するための目印になるので、重点的に敬語を勉強することができてよかったです。

【 富井健二のビジュアル古文読解マニュアル(和歌編) 】
和歌は比較的範囲が狭いので、この講座で和歌の解き方を理解するとかなり得点を稼ぐことができます。私自身も和歌が苦手だったのが、好きになり、解きやすくなっていました。

名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 32