合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京女子大学
現代教養学部

no image

写真

小林桃子さん

東進ハイスクール草加校

出身校: 東洋高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: テニス 副部長

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

東進で努力した時間は受験当日の自分を支えてくれた

 私の受験生活は本当につらい毎日でしたが、受験を乗り越えた今、自分の生活を振り返ってみると、東進に通っていて「本当に救われたな」「通ってよかったな」と思ったことがたくさんありました。

1つとしては、受験勉強、あるいは試験結果に落ち込んだ時に、自分に寄り添ってくれる暖かい東進のスタッフがいることです。私は、他のみんなが一般対策をしている中で、自分にはもう時間がない。そんな不安で押しつぶされそうなときに、私を救ってくれたのは校舎長との面談でした。きっとあの時、校舎長との面談をしていなかったら、今の結果にたどり着いていないし、落ち込んだまま受験勉強を継続し、この結果はついてこなかったと思います。だからこそ、周りに自分を救ってくれる味方がいるこの東進ハイスクール草加校は私にとって最高の場所です。

2つ目としては、自分の学力を向上させるためのツールが充実しているということです。高速マスター基礎力養成講座、大問別演習、志望校別単元ジャンル演習講座の3つは私の受験を特に支えてくれたツールです。高校1年生から東進に通っていた私は、最初は高速マスターが嫌いでした。毎日のように、スタッフに「高速マスターやった?」「高速マスターやってから帰ろう!」と熱く指導されたときは、「なんでこんなにやらなきゃいけないの?」と何度も思いました。しかし、高3になってやっと高速マスターがどんなに大切で、それを毎日やるだけでこんなにも模試でサクサク問題が解けるんだということに気づかされました。そこからは、毎日欠かさずセンター1800、熟語750に触れ、他にも古文単語、上級英単語などをやって基礎を徹底するのがルーティーンになりました。また、大問別演習、単元ジャンル演習をがむしゃらに取り組んだ日々は辛いと思うこともあったけれど、その努力した時間は受験当日の自分を大きく支えてくれました。あの時頑張って本当に良かったと心から思っています。

そして、3つ目としては模試の復習の大切さを教えてもらったことです。高1の頃は正直、復習を怠っていました。しかし、担任助手の方から復習の大切さを教えていただいてから、模試の復習を徹底するようになりました。特に世界史には力を入れて復習をしていました。模試を受けていた頃は、同じ問題に出会うということはほぼ無かったけれど、受験真っ最中では、前の日の試験と同じ問題が出たということは本当にたくさんありました。だからこそ、復習を受験生の頃から徹底していてよかったなと思います。

以上のことからもわかるように、私の東進での学びは、本当に欠かせない宝物です。受験生活の中で、いくら努力しても、いくら何かを犠牲にして頑張っても、「なんでこんなに点数が伸びないの?」と悩むことは山ほどありました。でも、「努力は必ずどこかで報われます」。だからこそ、今から受験を迎える後輩には、部活終わりで行きたくないなという時にでも、受験で疲れた後でも必ず東進に登校してほしいです。そのたった1時間や2時間は自分を必ずどこかで救ってくれます。私も、その少しの時間を頑張ったから今の結果があると思っています。そして、一つ楽しんで追い続けられる夢を持つことを忘れないでください。私は、芸能人に会いたいという不純な動機で東京の大学、メディアの道、社会学の道を選びました。そんな不純な動機でも、受験勉強が嫌になったとき、自分のモチベーションとなって自分を奮い立たせてくれます。だからこそ、夢をもって受験を乗り越えて下さい。そうすることで、きっといい結果がついてきます。私も、今後、この努力を糧に大学生活を楽しみながら、努力していこうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の復習の大切さを教えてくれたこと。悩んでるときにメンタルケアをしてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

受験直前に見直した。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

高校受験を失敗したので、リベンジしたかったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

1週間に1回、悩みを共有できたりして楽しかったし、いい機会だった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

後輩指導

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ポジティブにとらえて乗り切った。解決策を沢山試した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の夢です。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

メディア学を学びたかったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛かったけど、自分を大きく成長させてくれました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分の持ってるものを色んな人に伝えて人の役に立つ!

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史〔テーマ史・地域史〕 】
本当に試験によく出た。

東京女子大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6