合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
人間科学部

no image

写真

瀧田晟矢くん

東進ハイスクール新松戸校

出身校: 小金高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

復習だけでなく、間違えた問題は参考書や東進のテキストに戻って、徹底的に苦手を潰すこと

 僕が東進に入ろうと思った時期は高二の夏頃でした。それまでは本当にテスト勉強前にしか勉強はしておらず、受験を意識したことはありませんでした。でも高二の夏にふと危機感を感じ、友達を誘い入学しました。始めは勉強の仕方が全く分からなかったのですが、とりあえず英単語はめちゃめちゃ大事と聞いていたので、単語は早めに固めました。また自分は現代文がすごく苦手だったので東進のテキストで読み方を徹底的に身につけましたが、なかなか上がりませんでした。世界史も一周したぐらいでは上がらず、勉強しているのに成績が上がらないと不安になりました。

しかし、自分を信じて努力し続ければたとえE判定だろうと女神は味方してくれます。自分が合格出来たのも、気持ちと努力ゆえの偶然だと思います。直前期は色々悩む時期ではありますが、体調管理第一に考えることが大切です!

また、受験勉強を通して失敗したなと思った事は、夏休みあたりから、ただ過去問を解いてそれを復習すれば成績が伸びると思っていたことです。それだけでは足りないと思いました。過去問はもちろんたくさん解く事は大事ですが、解くだけでは意味がありません。間違えたことの範囲を参考書や東進のテキストに戻って、徹底的に苦手を潰してください。また自分は思考して実践するような勉強が成績アップの鍵だと思います。合う勉強方法は人それぞれなので、常に思考する事をやめず試行錯誤してみてください。

受験勉強を通して良かったなと思ったことは、この人だけには負けたくないというライバルに囲まれていたことです。この長い受験期間、絶対にモチベーションが保てない時期が来ますが、ライバルがいると自分もやらなくちゃと奮い立たされます。またこのライバル達がずっと目に見える教室で勉強するのがオススメで、休憩をとるときにはみんなで楽しく喋ることもとても大切です。これがあったから受験勉強のあの重圧に耐え抜くことが出来ました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分で思考をして勉強をするのが良いと言われたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

不安をため込むなと言われたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国統一高校生テスト

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

基本の問題で理解できていない事を洗い出す事ができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活との両立

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

人と話すことで、いいリフレッシュになり、毎回の小テストでは、楽しみながら知識をつける事ができた

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
他の受験生とは段違いに過去問の研究を徹底できること。

担任指導
長い受験での心の支えとなってくれます。すごく助かりました。

東進模試
共通テスト本番レベル模試や難関大本番レベル記述模試(現:早慶上理・難関国公立大模試)など頻繁に行なってくれるので、他の受験生との距離を測れる。

Q
おすすめ講座
A.

【 英語 正誤問題対策 】
正誤の解き方が初めて分かった。

【 早大現代文 実力錬成編  】
過去問の前に受講することで、早稲田という名前に怖気づかなくなる。

【 過去問演習講座 早稲田大学法学部 】
特に現代文の、早稲田特有の解き方に慣れる事ができる。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 21