合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
経済学部

no image

写真

入澤文哉くん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 山手学院高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: サッカー

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

グループ・ミーティングの友達が頑張っていたため、僕も頑張ることができた

 僕の受験生活を振り返って東進は必要不可欠でした。東進は映像による授業のため、サッカー部に所属していた僕には最適でした。部活後に毎日東進に通うことで、日々の勉強習慣がつき、早い段階で基礎的なことを終わらせることができ、過去問演習や志望校別単元ジャンル演習講座などの演習に時間を割くことができました。

しかし、受験生活は決して楽ではありませんでした。高校1年生の時は模試を受けても何もわからず、その後の勉強も何をしていいのかわかりませんでした。それでも東進の担任の先生や担任助手の方々たちが的確なアドバイスを与えてくれたので、徐々に成績を上げることができました。高校3年生になると受験への危機感が募り焦りが生まれてきました。そこで、勉強をやめたくなることも多くありましたが、グループ・ミーティングの友達が頑張っていたため僕も頑張ることができました。

そして夏から過去問演習や志望校別単元ジャンル演習講座を開始しました。過去問を最低10年分3週行うことで傾向をつかむことができ、試験本番でも焦ることなくいつも通りに出来たことが合格につながりました。また、単元ジャンル演習では、自分の苦手な分野を優先的に表示してくれるため苦手を克服することができました。

このように僕は東進を最大限活用することで慶應義塾大学経済学部に合格することができました。僕はグループ・ミーティングの友達から刺激を受け、勉強するモチベーションを上げ継続して勉強することができたので、僕は将来周りの人に良い影響を与えることができる影響力のある人になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつまでに何をすればよいか具体的に教えてくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生に教えてもらったことを日にちごとに予定を立てることに手助けをしてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試(現:早慶上理・難関国公立大模試)

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

早慶レベルの問題を解くことができ、自分の学力との差がわかります。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業のため、部活と受験勉強を両立できるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングのみんながとても頭がよかったので、僕も刺激を受け勉強することができた。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
毎日受講をすることで基礎的なことを早めに定着することができ、過去問演習を行う時に困らなかったから。

過去問演習講座
過去問を10年分3週行うことで傾向をつかむことができ本番でも焦ることなくできたから。

高速マスター基礎力養成講座
毎日行うことで基礎を定着させることができた。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 慶應義塾大学経済学部 】
過去問演習を何回も行うことができるため傾向をつかむことができ、本番でも焦ることなく試験に取り組めました。採点もしてくれるため合格点との差を把握することができました。

【 過去問演習講座(併願校対策) 早稲田大学商学部 】
過去問演習を何回も行うことができるため傾向をつかむことができ、本番でも焦ることなく試験に取り組めました。採点もしてくれるため合格点との差を把握することができました

【 過去問演習講座 早稲田大学社会科学部 】
過去問演習を何回も行うことができるため傾向をつかむことができ、本番でも焦ることなく試験に取り組めました。採点もしてくれるため合格点との差を把握することができました

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3