合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

有村真奈さん

東進ハイスクール渋谷駅西口校

出身校: 東京大学教育学部附属中等教育学校

東進入学時期: 高2・10月

所属クラブ: バレーボール

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

東進は、勉強に打ち込むしかない環境だった

 私が東進に入学したのは高2の10月です。それまでいくつかオープンキャンパスに参加するなどして大学の希望を絞り込んではいましたが、明確な目標はほとんど考えていませんでした。しっかりと「早稲田を目指す」という事を決意したのは、この入学時の面談の時です。

入学した後は、部活がある日は一日一コマ、無い日は二コマ受講を入れ、必ず毎日登校と週ごとの受講コマ数という習慣を守り続けました。どちらも担任の先生や担任助手の方々に宣言したことだったからです。元が良い成績ではなく、この志望でよかったのかと迷ったことは何度もありましたが、結果的に一番初めに決意させてもらえてよかったと思います。東進の教室は、今まさに黙々と努力している尊敬すべき人たちがいて、自身も勉強に打ち込むしかない環境です。当初は薄らぼんやりしていた勉強に対する意識は、そのような場所に通い続けることで、周りに感化されて徐々に固まっていき、私のモチベーションになっていました。

また、レベルの高い同級生が確実に身近にいる東進の空気は、変に驕らずに済む強力な刺激でした。年末の千題テストはその場で上位者の得点と自分の得点を知ることができるので、自分を今一度鼓舞する良い機会でした。受験勉強の中で、課題をやり、答え合わせして復習する。このサイクルで、知識と経験が増えていくのが私はとても面白かったです。

反面、「できない」「辛い」と言うことも多かったけれど、そう思い続けていると何もできなくなるのです。これは普段の勉強でも試験でも一緒です。今自分の手につけられることを探し出して早いうちに片づけること、そしてわからないことは早く人に聞いてみることの重要さを忘れずに大学でも生活に励みたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生が現役時代に使っていた山川の一問一答を見せてくれたこと。小さいメモ書きがあったり手書きの地図が挟まっていたりして感銘を受け、自身もそのやり方をまねしだした。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

なかなか親や友達には相談しにくいことをたくさん聞いてもらったと思う。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

判定と得点が本番の試験さながらにみなすことができるので、自身のモチベーションにつなげやすい。また回数も多いため、毎回きちんと受けて復習していると、いざ本番の時には慣れた作業をこなすような感覚にまで持っていける。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

上の兄弟が皆東進に通っておりノウハウが解っていたこと、自分の都合で学習や受講ができるスタイルが性に合っていたこと。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

メンバーがそれぞれ何時間やったのかのシートを記入しながら世界史の話をしていたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校の必修の課題をとても短期間で仕上げる羽目になったこと。できれば二度と経験したくないですが、やるべきことをさっさと片付けておくことの重要さが身に染みたので怪我の功名かなと思います。部活では目上への礼儀と気遣いが学べました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ほとんど落ち込んだことは無かったですが、不安になった時はやっぱり勉強に打ち込みました。自分が本当にやるべきだと感じていることをやっている方が精神は満たされます。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

向上得点を眺めること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

国際系をやりたいと思っていたことと、自分の将来なりたいものがなく、そういう人は偏差値の高い大学に行っておいた方が将来やりたいことができた時の選択肢が広げられると聞いて納得したのでそうしました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

実際やっている間には考えないようにしていましたが、問題が解らず解けないことが多かったときは、やはりこんなこと全然やりたくないと何度も思いました。でもやらなければならないことで、それができるようになっていく過程はもちろん大いに疲れたけれど、本当に面白く楽しかったです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人々と関わり合って、自分の人間性と言うものを豊かにしたうえで、相手を感動させられる何かを残したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
自分ができないもの、やるべきものに詳細な解説付きでしかも大量に向かい合うことができる。過去問題集などを漁る手間と時間が省ける点、色々な大学の過去問ができる点、自分の回答もデータで残されていつでも見返せる点が便利である。何より向上得点というポイントが付くのでモチベーションがあがる。

東進模試
志望校やレベル別に実施される点がいい。解答解説の公開もすぐなので復習もすぐできる。

高速マスター基礎力養成講座
数学の高速学習はIAの内容をほとんど忘れていたため大いに役立った。苦手科目はグダグダやりがちになってしまうので、時間制限で打てば響くようにやっていけるのがいい。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】
時分は昔から小説をよく読んでいたので、文章の構成を「なんとなく」「雰囲気」で読みがちだったが、私大の選択問題の際にどうやって構造を読み取ったりイメージを立てたりするのかを分かりやすく教えてくれたから。

【 地学基礎のまとめ 要点整理編 】
マントルと地殻の厚さだとか、惑星の直径や重さや距離など、少し細かい数字が地学では大事になる。直前期不安が残っていた個所はこれを見て印象に残り憶えることができた項目があるから。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
本当に基礎的な英語のルールばかりなのだが、大体できないところを解り易く面白い説明で教えてくれる。直前期の第一志望対策の際にも、テキストをもう一度解き直して復習しておきたい事項が詰まっている。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 324