合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

上智大学
外国語学部

no image

写真

岡本優さん

東進ハイスクール武蔵小杉校

出身校: 川和高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

最後は気持ちが1番で、ポジティブでいることが大切

 私は高校3年生の4月、コロナ禍で東進に通い始めました。

通い始めた矢先、緊急事態宣言のために東進に行くことができなくなり、勉強への不安を抱えたままひたすら自宅受講の日々が始まりました。その中で、オンラインでの朝礼が少しずつ不安を和らげてくれたことを覚えています。その期間毎日2コマずつ受講することを目標にして勉強に励んだことで、7月からは過去問研究に時間を費やすことができました。過去問研究には予想以上に時間がかかり、特に直しにはほぼ1日を費やしてしまうようなこともありました。

夏休みも2週間しかなく、焦りに焦って、あまりうまく時間を使えませんでした。それでも学校に通いながら、何とか過去問と復習とを両立させて頑張りました。

もう一つ夏に努力したことは日本史です。私の大の苦手科目でしたが、最終的には日本史に助けられて合格したところがいくつもあります。夏には特に近現代意向を重点的に復習し、ひとつひとつインプットしていけるように頑張りました。模試の成績もそううまくは上がらず、夏の模試では落ち込みそうになったこともありましたが、担任の先生に励ましていただき、ネガティブな感情にならないこと、ため息をつかないようにすることを心掛けて、勉強に取り組むようになりました。

秋以降は過去問、志望校別単元ジャンル演習講座、受講のひたすら繰り返しで正直とてもきつかったですが、ここで踏ん張れたことが直前期の踏ん張りにつながったように思います。

1年間の受験を通し、最後は本当に気持ちが1番で、ポジティブでいることが本当に大切だとわかりました。大学に進んでからもそのことを忘れずに、常に前向きにいろいろなことに挑戦していきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験校の決め方などたくさん知らないことを教えてくれたこと。たくさん話を聞いてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強の仕方をたくさん教えてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

実際に近い形で、回数も重ねられるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

実績があったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなの状況を聞いて、刺激を受けました。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語C組・基礎力完成教室 】
面白くわかりやすく、受講したくなる内容だったから。

【 リスニング対策 ~リスニングスキルを磨く~ 】
実際にできるようになる感覚があったから。

【 スタンダード日本史B PART1 】
とにかくわかりやすい!!

上智大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3