合格

ぞくぞく公開中!1541人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

専修大学
人間科学部/一部(昼)学部

no image

写真

菊地一匡くん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 横浜創英高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: ソフトテニス部

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

東進に入って勉強の質が向上

 僕は東進に入学する前まであまり勉強を続けることができませんでした。それでも志望校に憧れを抱き、東進に入って勉強をすることに決めました。入るのが遅かったこともあり、最初は膨大な受講や確認テストに圧倒され、受験までこれを続けていけるかとても心配でした。しかし、取り組んでいるうちに勉強することが苦ではなくなり、今までよりも勉強の質が向上していると実感しました。本番の試験では不安になることもありましたが、一年間あれだけやってきたのだから心配することはないと割り切って考えられたのでとても良かったです。

これから受験に向かっていく人に僕が伝えたいことは、受験勉強は志望校に合格するためにすることでもあり、少なからず今後の人生に影響することでもあるということです。中途半端な気持ちでやるよりも、本気になって取り組むことで合格を得られたり、努力を続けることができたりするのではないかと思います。

僕は最後まで模試で結果が出ませんでした。そんな僕の成績を上げてくれたのが過去問演習講座や志望校別単元ジャンル演習講座です。過去問演習講座では志望校で出題される問題の傾向を分析することができ、また、志望校別単元ジャンル演習講座では僕の苦手な分野を重点的に演習したり、色々な問題を演習したりして、実力が上がりました。今後僕は、受験や部活動で得られた経験を生かして、他の人の役に立てるように学び、将来は経営者になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

結果が出ないときに向き合ってくれたこと。苦手で仕方なかった英語を教えてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

一週間の予定をきちんと管理してくれたこと。受験に関することを多く教えてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

僕に足りていないことが分かってその先の学習につながるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

最短で僕の志望する大学に合格するためには高速学習が求められていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

試験の前にメッセージを貰ったこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

辛いことや苦しいことに耐えたり、それが何に役立つか考えて行動したりする力が身につきました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強できるのも今だけだと思って乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受験が終わった時の姿を考えたり、音楽を聴いたりすること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高校に入学する時から志望校に通いたいと思っていたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

僕の考えを変えるきっかけになったもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕の将来の夢は、多くの人が暮らしやすい社会を作り出すことのできる人になることです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
時間があまりない人でも対応することができるから。

担任指導
親身になって勉強のサポートをしてくださったから。

実力講師陣
分かりやすくて面白い授業を受けることができるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
英語を早く読むことができるようになり、また、実際に入試で出題された問題を解くことができて僕の力が分かるから。

【 英文読解-内容一致- 】
この講座をやる前までは内容一致の問題の解き方が分かっていなかったけれど、この講座を通して解き方を理解できたから。

【 入試直前まとめ講座 英語超頻出事項のまとめ 】
直前期になっておろそかになりがちな英文法を入試に狙われるところに絞って取り組むことができるから。

専修大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3