合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

埼玉大学
教育学部

no image

写真

静間史夏さん

東進衛星予備校八柱校

出身校: 薬園台高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 演劇部、軽音同好会、生徒会 音響、PA、生徒会会計

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

短期間で多くの講習を受けられるという点でとても合っていた

 私は高3の4月から東進に入学しました。数Ⅲ・物理・化学と今から始めることが多く、一学期中はその3科目の受講に力を入れました。東進は自分のペースで受講を進められるので、未着手の科目が多い私にとって、短期間で多くの講習を受けられるという点でとても合ってました。

夏休みは沢山勉強をしたかったのですが、文化祭の準備で一日中潰れてしまうことが多かったです。その時は移動時間で高速マスター基礎力養成講座を利用したり、寝る前のちょっとした時間で無機化学などの暗記の範囲に力を入れたりしました。

文化祭の準備がない日は夏休みから共通テスト対策を始めました。二学期からは主に数・物・化の演習に力を入れました。多くの問題集に手を出すのではなく、1つの問題集を何度も繰り返し解きました。「何故そうなるのか」「どういった考えをしたらそうなるのか」という点を大切にしていました。私のように高3から数・物・化に手を付け始める人も多いと思います。

特に国立志望の人は理科科目だけでなく社・国の勉強もしなくてはならなく、量の多さに打ちのめされ、何から手を出せばよいのかいいのか分からず途方に暮れてしまうかもしれません。私は東進で週一回担当の担任の先生との面談で、毎回勉強のスケジュールの相談をしていました。担任助手の方々は自分の経験を活かして、私の相談や質問に真摯に向き合って答えて下さり、本当に参考になりました。自分の担任助手の方を信じて頑張って下さい!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

週一回、一緒に勉強スケジュールを見直したり考えて下さり、何を勉強すればよいのか悩むことがなくなりました。進路のこともたくさん相談に乗って下さり、とてもありがたかったです。迷いなく勉強できる環境を作っていただき、とてもよかったです。お姉ちゃんのように優しくあたたかく話しやすいので何でも相談できました。東進に入ったばかりの時に「わからないことがあったら何でも質問していいよ」と言っていただき、当時「何でこんなことも分からないんだ」などと怒られたり迷惑をかけてしまうのではないかと思い、人に勉強の質問をすることをためらっていた私に優しく色々と教えて頂けて嬉しかったです。お陰で分からないところをたくさん質問し、多くのことを学ぶことができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

沢山質問をさせていただきました。ただやり方や解答の意味を教えて下さるだけでなく、「何故そうなるのか」「どういった考え方」でその解答に至るのか」とても分かりやすく丁寧に教えて頂き、多くのことを学ぶことができました。本当に感謝しています。勉強の質問だけでなく、進路の不安などの相談事にも乗っていただきました。先生の下さったあたたかく優しい言葉に何度も助けられました。一緒にお話ししていてあたたかい気持ちになれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

1,2か月ごとに行われるので、自分の伸びを感じることが出来たり、演習が足りていない点を確認することができます。国立志望の私にとってとても心強かったです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

教室の環境が自分に合っていると思ったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

私は演劇部、軽音楽同好会、生徒会と高校生活で多くのことを経験しました。文化祭では脚本づくり、監督、役者と仕事が多く勉強との両立で苦しいときもありました。しかしそれら全てをやり遂げたから得た経験や苦労、そして大切な仲間との絆は一生の宝ものです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏に文化祭の準備で忙しく、勉強に時間をかけられなかったことが辛かったです。東進の担任の先生方にスキマ時間の有効的な使い方を教えて頂き、それを参考にして両立を頑張りました。また、私は私立受験が良い結果ではなく、「国立で絶対に受からなくては」と追い込まれた時期が心から辛かったです。時期的にも周りの友達はみんな受験を終わっている子が多く、このまま一人だけ取り残されてしまうのではないか、もう私はダメだ、と毎日不安で夜も眠れませんでした。ただ必死に勉強するしかないのですが、東進の担任助手の方と毎日お話をすることで頑張ろうと気持ちを持ち直すことができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ東進で友達が毎日頑張って勉強する姿はとても刺激になりました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

受験勉強を通して物理や化学を楽しく感じるようになり、理科の勉強を大学でも続けたいと思い志望校を決定しました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

多くの人に支えられて叶えられたものだと思います。担当の先生や担任助手の方の言葉に何度も助けられました。受験勉強は本当に辛く、先の見えない真っ暗な道をただひたすらに走っているようなイメージです。それでも私ぼは東進の方々に多くのことを学び、色々な刺激を頂き、時にはリフレッシュとしてお話をしたりなどして支えられてきました。辛く苦しい道のりですが、一人ではないという心強さがありました。私一人ではここまで辿りつくことは出来なかったと思います。支えて下さった多くの方に感謝です。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自らが判断し、決意し、責任を負うような人になる為には、学びは必要不可欠だと思います。様々な学問に触れることで人は自分の世界を広げながら道を選んでいきます。私は教育学部に進むので、その学問に触れる環境づくりからまずは取り組み、将来は多くの子が楽しく学び自分の道を決めていく手伝いがしたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
スマホでもできるので学校の登下校中や寝る前などにできて時間を有効活用できます。

担任指導
週一回面談があるので、自分が今何の勉強をすればよいのか分からなくて困ることがなくなりました。

高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
(やまぐち先生)物理の基礎や根本のところを詳しく分かりやすく教えて頂き、物理=難しいものという価値観が変わりました。授業も面白く、私はやまぐち先生のお陰で物理が大好きになりました。

【 スタンダード物理 Part2 】
(やまぐち先生)物理を理屈から理解する、基礎が整っていればどんな難問でも解けるようになる、というのがこの講座のモットーです。物理が得意で難しい問題を解けるようにしたい人はもちろん、私のように物理が苦手だった人にもおすすめです。私に物理の楽しさを教えてくださったやまぐち先生に感謝です。

【 スタンダード化学 PART1 】


埼玉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5