合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
情報学群

no image

写真

中村天祐くん

東進衛星予備校豊橋南栄校

出身校: 時習館高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 水泳部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

入試直前で急激に成績を伸ばすことが出来た

 この度、予てからの第一志望の筑波大学に合格することが出来ました。2年の1月に東進に入学してから目標に向けて一生懸命勉強し、合格を勝ち取ることが出来て本当に嬉しいです。

しかし、受験勉強期間は思うように成績が伸びずとても苦しいこともありました。実際、僕は3年の4月当初から最終12月共通テスト本番レベル模試までE判定のままで、筑波大学に合格するどころか受験することすら無理だと思っていました。それでも東進の担任の先生方や友達の支えもあり、努力を続け、入試直前で急激に成績を伸ばすことが出来ました。

これから、僕が東進でどのような勉強をして逆転合格を果たしたか紹介しようと思います。僕は基本的に東進では受講ばかりしていました。いくら内容を暗記しても正しく理解をしていないと問題は解けないと思い、理解をするまで何度でも同じ講座を見続けました。多いものでは7.8回見たと思います。僕の場合は、受講ばかりしていたせいで問題演習はほとんどできませんでしたが、受講を通してきちんとした理解を身につけたので試験本番で点を取るには十分でした。

また、英語の音読にも力を入れていました。正しい発音で読み同時に理解することで、読解とリスニング両方の能力を鍛えることが出来ました。早い時期から毎日欠かさず音読をしていたので英語は僕の得意科目になっていました。そのほかにも、高速マスター基礎力養成講座や過去問演習講座もすべて手を抜かずやり切りました。以上のことをしたおかげでセンター試験同日体験受験で5割だった得点率は、共通テスト本番では8割まで上がりました。物理化学に関しては3割から9割にまでなりました。

少しでもこの経験がこれから受験を迎える新三年生の皆さんの参考になれば嬉しいです。思うようにいかないことがたくさんあると思いますが、最後まで諦めずに頑張れば努力は報われるはずです。

最後に今までお世話になった家族、先生方、仲間に合格の報告ができ嬉しく思うとともに、応援してくださったことに本当に感謝したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

モチベーションの維持には欠かせない。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解説授業はしっかり見よう。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

高速マスター基礎力養成講座や受講をはじめ、成績を上げるのに合理的なコンテンツが豊富だったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで高めあえた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活がないとモチベーションが持たない。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特別招待講習がきっかけで東進に入った。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ひたすら耐えた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学のことを調べるとモチベーションが上がる。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学でしっかりと学び、学んだことを生かせるようになりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
効率よく理解できる。

実力講師陣
わかりやすい。

過去問演習講座
効率よく丁寧に過去問に取り組める。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
これを見たら物理の問題はなんでも解ける気がするから。

【 ベーシック化学PART1 】
化学は苦手だったけど、基礎からわかりやすく説明してくれたから。

【 受験数学Ⅲ(応用) 】
河合正人先生が好きだから。

筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14