合格

ぞくぞく公開中!1556人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
商学部

no image

写真

加藤浩平くん

東進ハイスクール海浜幕張校

出身校: 昭和学院秀英高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 柔道 部長

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

自分の都合で勉強の計画を立てられた

 僕が受験を意識して東進に入ったのは高3になってからでした。東進に入学したきっかけは、学校からの帰路の途中という好立地にあったことと、自分の都合で勉強の計画を立てられたということです。

東進に入ってからは、受講や自学により、苦手だった数学の克服に努めました。数学は最後まで若干の苦手意識は残りましたが、他教科の足を引っ張らない程度にはすることができました。また得意だった英語は、レベルの高い授業を受けたことにより、さらに力を伸ばすことができました。特に東進の英語の受講で印象に残っているのは、宮崎尊先生の「難度別 システム英語 総合編 Ⅳ」や志田晶先生の「受験数学特別講義」の整数編と確率編です。特に僕たちの代は、新型コロナウイルス感染症の影響で、3か月間の休校期間を経験しました。この頃は、一日10時間近くの勉強に励み、数学の苦手克服や、社会科目の暗記を中心に頑張りました。

また、部活動は柔道部に入っており、コロナウイルスの影響で最後の試合が中止になる3月まで打ち込みました。夏休みは、共通テストの対策を中心に行い、模試などで成果を上げました。夏休み後は2次対策10年分に取り組み、模試などで成果を上げました。

共通テスト直前1か月は、再び対策を強化し、本番に挑みました。本番では試験官の足音や強風の音に悩まされましたが、何とか得点につなげ、存分に2次試験の対策に打ち込めました。2次本番前は、過去問を総復習し、最終的に無事結果を出すことができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

今後の展望を見ることができた

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

数学の計画を見せてくれたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

帰路にあったから。自分で計画を立てられるから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

息抜きになった

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

妥協しないこと

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

二次試験後

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達との会話

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

決めたときの現状よりレベルがあがった

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

血肉

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅵ 】


【 受験数学特別講義-確率編- 】


【 受験数学特別講義-整数編- 】


一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12