合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

信州大学
工学部

no image

写真

林涼翔くん

東進衛星予備校本山校

出身校: 愛知工業大学名電高等学校

東進入学時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

基礎をきっちり固めておくべき

 受験が終わり、改めて振り返ってみると、こうしたらよかったと思う点が一つあります。それは、高3までに基礎を固めておいたほうがよかった、ということです。高校3年生になる前は、受験勉強は受験期から始めればいいやと考え、それほど熱心に受験を考えていませんでした。そのため英語や数学ばかりをやっていて、理科科目の勉強がおろそかになってしまいました。結果、化学や物理の基礎が全くわかっていなくて、受験期にもう一度最初から復習しなくてはいけなくなりました。2年分の復習をするため、とても多くの時間を使うことになるので、周りとかなり差をつけられます。数学や英語を早くマスターすることも大事ですが、ほかの科目をおろそかにすると、痛い目を見ることになります。東進の講座でしっかりと学習し、基礎を理解しておけば、周りと差をつけられることがなく、これを早くしておくことで周りに差をつけることもできます。

また、高速マスター基礎力養成講座で基礎を反復することで、忘れづらくなり、強固な基盤を築けます。受験期までに基礎を完璧にすると、演習にとても多くの時間を使えるので、サボらずに基礎をきっちり固めておくべきです。

高1、2年生は受験期ではないけど、サボらないで基礎を2年間できっちりと学んでおくことが大事です。早い段階からコツコツ勉強したほうがよいので、適度に休憩を入れながらでも勉強の習慣をつけておくと、持続して勉強ができるので、おすすめです。諦めずに夢に向かって頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の実力を知ることができる。

Q
東進を選んだ理由
A.

個別での指導があっていると考えたから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

情報化社会になってきているので、情報による犯罪を防ぐために、情報セキュリティ会社に勤め、世界に貢献したいと考えている。

Q
東進のおすすめは?
信州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8