合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
文学部

no image

写真

幕内大虎くん

東進ハイスクール津田沼校

出身校: 千葉東高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: テニス

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

信じてひたすら努力していれば結果はついてくる

 僕は四月ごろに入学しました。入った当時、僕の学力は本当にひどいもので、それまでろくに勉強してこなかったことを痛感しました。その中でまず始めたのが高速マスター基礎力養成講座の英単語でした。約一週間で一通り終わらせると、違いを実感しました。受験において英語はほとんどどこでも使うので、高速マスター基礎力養成講座を利用して単語、熟語、文法をある程度早いうちからものにしておくことはおすすめです。

受講講座で僕は、英語、日本史、現代文、古典をとりました。絶対にわかってほしいことは、予習、受講、復習のループを怠らないことです。東進は映像による授業なので、気を抜こうと思えばいくらでも抜けてしまいます。ただそれでは無駄でしかないので講師の言ったことを一言一句聞き逃さないくらいの心構えが大事だと思います。予習復習ですが、本当に大切だと思います。受講しただけだと気づいたら忘れてしまうものです。なので特に復習は定期的にしておくことをおすすめします。

これは自分の実体験なのですが受講が終わってもそうそう結果は出ません。僕の六月の模試は入ったころとほとんど変わってませんでした。このままで本当に東進で大丈夫かなと思う時もありました。僕が模試で点数を取れるようになったのは夏休みになってからでした。

東進ではそのくらいの時期になると、過去問演習講座というものをやります。これは相当大変なものでしたが、それだけにやり切った後の達成感はすごかったです。十年分やることで自分なりの解き方を見つけることができましたし、苦手な分野も把握できたので夏休み中に終わらせることができてよかったです。その成果がでたのか、六月から八月で180点伸ばすことができました。その時の判定ではまさかのA判定がでて、モチベーションがものすごく上がりました。つまり東進でも何でもいいですが、なにかを信じてひたすら努力していればそれなりの結果はついてくるということです。ただし、そこからの伸びは緩やかになってしまいましたが、それでもいつか報われると信じて走り続けることができたので合格できたのかなと思ってます。

共通テストにおいては時間の短い中で、どのように解いていくかという方法を持っておくといいとおもいました。そこで大事になるのは模試だと思います。模試を本番だと思い、そこに向けた具体的な目標をたてておくと、やる気も続くのでいいと思います。模試中もいろんな解き方を試してみたりしながらやってみて自分に合うやり方を見つけていきました。志望校別単元ジャンル演習講座は私立を含めたくさんの学校を受験するという人には、とてもいいと感じました。というのも僕の場合、本当にたくさんの試験問題を解くことができたので、私立受験のための対策が多少減ったと思います。その時間を第一志望に回せたので科目数が多く、何から手を付ければいいかわからなくなった時、とりあえずこの演習をやっておけば大丈夫かなという感じになりました。これは日本史の話ですが、いろんな学校の問題に取り組むことでお決まりのフレーズなんかを見つけることができました。

僕は文学部という道を進むことになりました。それは僕の中で本が好きという気持ちが強かったのが大きな要因としてあるので、将来は出版社に入れたらいいななんて思っています。加えて、これから先グローバル化が進んで海外のことに目を向けるのはいいと思いますが、外国人のほうが日本について詳しいという状況になってしまわないように、日本人としてのルーツを忘れないようにこれからも頑張っていきたいと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

まず話し相手になってくれるだけでありがたかったです。やはりたくさんの生徒を見てきていると思うので、今はこれを頑張ろうとアドバイスしてくれて助かりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

去年受験を体験した、年齢も近いということもあって話しやすかったです。模試の後によかったところは褒めてくれたりしてくれてやる気も上がりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

何度も受けて慣れるためにどんどん活用してみてください

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業だったので、いつでも見返したり途中停止できたりといった利便性から選びました。ほかにも現役の合格実績が他と比べてよかったことや、高速マスター基礎力養成講座の存在も大きかったです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

千葉大学を受ける人がいたから、一人じゃないんだと安心してました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

12月の模試で下がってしまい結構ショックだったけど、もうとにかくやり続けたら本番では予想以上に取れました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

一日にやりすぎるのではなくて、リラックスできる時間を作ってました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

周りからおすすめされたり、距離的にも近いというので興味を持ち、カリキュラムを自由に決めれて自分のやりたいことができるから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

想像していたよりは楽しいものだった気がします。周りと競争しあったり、本番では自分はこんなに緊張するんだと知れたりできたからだと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人の下について言われたことをやるだけの受動的な人間になるのではなく、リーダーシップをとって自分のためにも人のためにもなるように、この長かった受験勉強という経験を生かして励んでいきたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座講座
特に英語はやっておいて悪いことは何もなかったです。最初にこれをやったおかげで、だいぶそれから先に進みやすかった気がします。

高速学習
とにかく早く早く進んでいく東進のやり方は、やってる最中はきつかったこともありましたが、そのおかげで学校でも割と余裕が持てました。

学力POS
模試の結果をすぐに確認するのが楽だったり、今の自分のやるべきことがわかったりするので一日に何回も見ていました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
パート1だけではありませんが、金谷先生の授業は流れをきれいにまとめてくれているので、覚えやすかったです。ただ、何も知識のない状態から始めると頭がパンクしてしまうくらい、詰め込まれている授業になっています。

【 過去問演習講座大学入学共通テスト対策 】
共通テストは本当に心身ともに疲れるものでした。ただこれを十年分やった人とやっていない人とでは、だいぶ違ったのではないかと思うのでお勧めです。

千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3