合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
商学部

no image

写真

門脇慶くん

東進ハイスクール取手校

出身校: 江戸川学園取手高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 硬式テニス部 副部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

周りの人が全員真剣に勉強している環境で過ごせる場所が東進

 東進のおすすめは面談が頻繁にあることです。勉強計画を立てたり、受講について話したりすることはもちろんですが、モチベーションのきっかけになったり、志望校の決定を助けてくれたり、受験人生に大きな影響を与えたものでした。

担任助手の方との面談で印象に残っているのは、僕が志望校をまだ決定していないときのことです。実力がないから目指すことは無理だろう、と考えていた大学名を、模試の志望校欄に書いたところ、担任助手の方から君ならいけるチャンスあると言われ、その大学に志望校に変更したことです。それがなかったら僕は今のような結果を出すことはできなかったと思います。

僕は、周りの人が全員真剣に勉強している環境で過ごせる場所が東進だと思っていました。学校だと友達と喋ったり、休み時間や授業内容が決まっていたりして、受験勉強についてだけを考えると無駄な時間が多かったです。

学校には、勉強にまだ身が入っていない人が多かったので、東進で、なるべく効率よく無駄な時間を減らし、集中して勉強することを心がけていました。そして東進で勉強することが当たり前になりました。

受験は周りと差をつけられれば良いと思っていたので、学校の授業中に、授業内容を聞きながら復習をする、というように勉強の密度を濃くして他と差をつけていました。

また、スキマ時間は、高速マスター基礎力養成講座や古文単語を覚えていました。今年度の受験は、コロナで学校が休みとなり、その上高3に上がる前の時期であったため一番差がついたのは3月から6月の時期だと思います。この時期にテニスの練習がない日は10時間以上勉強し、ある日でも8時間は勉強していました。そのため、高校3年生に本格的に受験生となる前から、勉強が辛いものであるという認識は徐々になくなり、長時間勉強が習慣になりました。

東進の受講で英国数を固めることができ、世界史と地理にかけることができる時間が夏休みに多くなりました。共通テスト本番レベル模試は2月のときは英国数合計348点でしたが、8月は482点を取れました。

僕は硬式テニス部に所属し、部活以外でもクラブで練習を高校2年生の5月まで続けました。来年受験をする人たちで、まだ部活を続けている人は、勉強を理由に部活を疎かにしたり、部活が理由で勉強を疎かにしたりせず、どちらも真面目に取り組むことが大切です。

携帯を触ったり、テレビやゲームをしたりするよりも、部活の練習や部活に時間を使いましょう。なぜかというと、部活(特に運動部)は引退してからやりたくてもできないためです。そのため、今までの部活の時間を全て勉強に費やすことができるからです。

部活動をしている人は、放課後何もしてなかった人に比べ、生活の変化が激しいと思います。だからこそ僕は、これが部活をやっている人が受験で有利と言われる所以だと思うので、部活は続けてほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

僕が志望校に受かるためには、何月にどれくらいの成績をとることが目標になるのか、助言をいただいたため、目標を明確に日々勉強することができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校を決めるきっかけになり、学習計画を客観的に見てもらえる機会でした。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解答用紙が本番と同じでした。答案が早く帰ってきて解説授業もあるため、復習を忘れないうちにすることができるので、復習はしっかりしたほうが良いと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

集団授業をはじめ、進度が決まっているものよりも、映像による授業の方が部活をやりながらも勉強を取り組みやすいと思ったからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じような志望校を目指し毎週顔を合わせ切磋琢磨できる環境でした。グループ・ミーティングの仲間が頑張っているのを見て、僕も頑張ろうと思うことがたくさんあり、刺激になりました。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
電車やバスなど、移動時間に気軽にできるもので、ゲーム感覚で楽に覚えることができました。

志望校対策特別講座
市販の過去問題集では分かりにくかったり、解説を読むのが面倒だったりするが、解説授業が全ての科目ついており、補足知識や例題なども授業内で教えてもらえるので、質の高い過去問演習ができました。

実力講師陣
テレビにも出ている先生方は、実際に授業を受けると本当に分かりやすく参考書や教科書では補えないものだと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 数学ぐんぐん[応用編] 】
東進の授業は何回も受けられるため、内容が発展的な講座でしたが理解しようと何度も見て力をつけることができ、テキストについている復習問題や確認テストをしっかりやることで力が付きました。

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7