合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

神戸大学
国際人間科学部

no image

写真

王紗羽さん

東進衛星予備校松山一番町校

出身校: 松山東高等学校

東進入学時期: 中1・3月

所属クラブ: バドミントン部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

東進からの情報などを基にして学習に取り組んだ

 私は高校の合格が決まってからすぐに東進に入学しました。東進に決めた理由は、姉が東進で努力し志望校に合格したことに刺激を受けたことと、東進の映像による授業スタイルが、私に合っていると感じたからです。映像による授業の利点としては、できなかった範囲を自分が納得するまで繰り返し確認ができる点と受講のタイミングを自分で決められる点だと思います。

高速マスター基礎力養成講座では早いうちに英単語、英熟語、英文法、例文を終わらせることで英語の基礎が身に付き英語を得意科目にすることができました。私の校舎では友達の進度も確認することができたため、負けず嫌いの私にとっては大きな活力となりました。

グループ・ミーティングは私が志望校合格を目指して努力するモチベーションを常に与えてくれました。担任助手の先生が、自らの実体験を踏まえて学習のポイントをアドバイスしてくださったり、学習計画を立てる際に協力してくださったことがとてもありがたかったです。グループ・ミーティングのほかにも、学習に対する不安やどのように学習を進めるべきかなどの相談をいつでも相談できる環境がとてもよかったと思います。

私は高校1・2年生の時バドミントン部に所属に所属していたため、土日も休みがほとんどなく、平日も勉強を開始できるのが19時という生活を送っていました。このような生活の中で常に意識していたことは、「時間ギリギリまで東進に残る」ことです。しんどい時も東進にいれば家よりは確実に勉強できるし、周りの友達に刺激されて自然と勉強に取り組めると思ったからです。また、基本的な単語量を増やすために学校の小テストは毎回満点を狙う勢いで臨みました。受験学年になり、初めの1・2か月はコロナウイルスの影響により学校に行くことができなっかったので、テストに慣れる意味でセンター試験の過去問をひたすら解きました。センター試験が共通テストに変わることへの不安が常に付きまといましたが、東進からの情報などを基にして学習に取り組みました。

私が志望校合格を実現できた大きな理由のひとつに、ライフスタイルの大幅な見直しがあると思います。部活を引退してからは帰宅時間を30分早める代わりに、起床時間を1時間早めました。「夜の2時間は朝の20分」という母の言葉を信じて朝方に切り替えたことで学習効率が驚くほど上がった気がしました。

過去問演習講座や志望校別単元ジャンル演習講座はとても役立ちました。過去問をなるべく早いうちに一通り終わらせることで、志望校の問題傾向に慣れることはもちろん、後々に使える時間が増えるのでより多くの問題に取り組むことができるからです。勉強はよく「量より質」だと一般的によく言われますが、結局は量なのではないかと思います。私は上手にできませんでしたが、スキマ時間を有効活用できれば自然と量は増えるはずです。

辛い時や勉強をやめたいときも多々ありましたが、東進に来れば自然と勉強していました。東進で3年間勉強を続けたことで椅子に長時間座り続けることも苦ではなくなりました。忍耐力がつき、努力する大切さを学ばせていただきました。学校生活と東進での学習を通して、とても濃く、しんどいけど楽しい3年間だったように感じます。

私は国際的な仕事に就き、国と国とを繋ぐ手助けをしたいです。具体的なビジョンはまだ見えませんが、大学で時間をかけて見つけていければと思っています。今までで一番充実した高校の3年間をこれからの人生の糧にして、日々努力と前進を続けていきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

具体的に何をするべきかという相談に親身になってのっていただき、担任の先生の大丈夫の一言が大きな力になりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の先生が自らの実体験を踏まえて受験のポイントを教えてくださったことが印象に残っています。将来のことについても気軽に話せました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

成績帳票に記載されている各教科の弱点を参考にしました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

姉の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

松山一番町校は東進スクールと東進衛星予備校が同じ校舎にあったので、中学生の時から同じ校舎で努力する先輩の姿を見て自分も頑張りたいと思ったから。また、東進の授業は映像による授業なので、部活で忙しい期間でも自分で計画を立てて自分のペースで学習を進めることができ、わからない部分は何度でも繰り返して確認することができるため、無駄を最小限にした効率の良い学習を進めることができると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一緒に勉強に取り組む数人の友達とお互いのモチベーションを上げるために活用しました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

東進に来たら勉強するというように、切り替えを意識することが大切だと思います。学校行事や部活動を通して、一つの目標に向かってみんなで努力することの苦労と楽しさを感じることができました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

一年生の初めに英語の渡辺先生の公開授業に参加し、高校英語への不安が小さくなりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高校3年生の10月から11月にかけては自分の勉強法は正しいのかと不安になっていましたが、周りで努力し続ける同級生と親のサポートのおかげでやるしかないという気持ちになりました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

憧れの大学でのキャンパスライフを想像したり、適度な休憩を設けることです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

グローバルに世界を捉えることができる人になりたいからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を成長させてくれるものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

まだ具体的に将来の夢は決まっていませんが、何らかの形で国と国を繋ぐ仕事に就きたいと思っています。大学では時間をかけて自分にできることを探していきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
基礎が効率よく身に付きました。

過去問演習講座
神戸大の過去問の解説が力になりました。

実力講師陣
英語は今井先生、国語は林先生や西原先生、数学は河合先生や大吉先生の授業が分かりやすかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 神戸大学(全学部) 】
何度も解きなおすことで自信につながりました。

【 高等学校対応 数学Ⅱ-標準- 】
授業の内容が頭に入ってきやすくなりました。

神戸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2