合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

九州大学
農学部

no image

写真

仙頭涼馬くん

東進衛星予備校香椎駅前校

出身校: 九州産業大学付属九州高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 数学研究愛好会

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

徹底した復習による土台作り

 自分の受験番号を見つけたときは正直いって喜びよりも安堵の方が強かったような気がします。合格した今は、僕を応援してくれた両親や先生方、担任助手の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

僕は高校1年生の時に入学しました。入学して間もなく受けたセンター試験本番レベル模試からすると、当時から何となくの気持ちで学習していては九州大学現役合格は非常に難しかったと思われます。そこで僕が東進に通い、受講し、帰宅する、というサイクルをほぼ毎日休むことなく続けました。しかし1つだけ強く意識していたのは、典型的ではありますが、復習です。東進の受講を受けている最中は理解できたと思っていたことが、時間を空けると実は理解できていなかった、ということを経験してからは、学んだことはその場で復習する、ということを徹底していました。そうすることで、効率よく知識を身に付け、後にそれを土台とした演習を積み重ねることができました。さらに時間に余裕ができた日は苦手科目や数学を意識的にひたすら学習していました。

また、「高等学校対応数学」や「スタンダード化学」の受講により、3年生の時間に余裕を持てない時期も、焦ることなく自分のペースで学習を進めることができました。加えて受験期直前で過去問演習講座を利用することで、より時間を意識して演習を行い、本番に向けて対策をすることができました。しかし今思えば、これらの根底にあったのは徹底した復習を心がけて学習できていたことが大きく関与していたのだと考えると、改めて復習の大切さを痛感させられたと思います。皆さんも、学習の土台は復習によって成り立っているものが大きいということを意識し、日々努力していって欲しいと思います。努力は必ず報われます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

弱点科目のアドバイスを受け、それを自学に反映させることができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

点数が比較的よかったときに褒められたりすると、次回の模試までの学習のモチベーションが上がりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

九大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

この模試を通じて、本番同様の難度の問題と向き合え、時間配分や緊張感なども体感できました。この模試で自分が本当に化学が得意なのだと改めて自信につながりました!

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

学校で。

Q
東進を選んだ理由
A.

学校と提携していたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

つらいこともともに乗り越えてくれる仲間の存在は非常にありがたかったと思います。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

逆に、文化系の部活に所属していたことで時間にゆとりを持つことができました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

塾内合宿は自分の受講を進めることのできる良い機会になっていました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

つらかった時期は、学校のクラスメイトとともに励まし合いながら互いにフォローし合えていたと思います。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と模試などを通じて競い合うことで、互いの学習意欲の向上を図ることができていたと思います。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

つらいとはもちろん感じていましたが、それでも人間的に大きく成長させてくれるようなものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来は、化学が好きだということから、化学と関わりのある職業に携わっていきたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
基礎知識を素早く体得できます。

担任指導
模試返却の際、担任助手の方のアドバイスを参考に学習の計画を立てることが可能です。

東進模試
繰り返し模試を受験することで、自分の得意不得意の把握や、成績の推移等が分かります。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 PART2 】
これで化学を自分の武器にすることができた!といっても過言ではないです。このテキストは本当に何度も何度も復習しました。

【 過去問演習講座 九州大学(全学部) 】
これをすることで、時間配分を意識できたり、実際に難問に対して頭を使って悩んだりできます。

【 過去問演習講座大学入学共通テスト対策 】
共通テストに向けては本当に必要不可欠なものであると考えます。これなしで九大現役合格はまず無理だったと思っています。

九州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6