合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

北海道大学
総合入試理系学部

no image

写真

木村太遥くん

東進ハイスクール横浜校

出身校: 柏陽高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: 卓球部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

苦手な英語も段階を経て学習し、最終的には得点源になった

 東進に2年半在籍して、学力の伸びをとても実感しています。

苦手だった英語に関して、東進入学当初は英単語の基礎も固まっていない状態からスタートし、段階を経て学習することができ、最終的には得点源にすることができました。それに対して数学や理科は得意科目だったので低学年のうちから実力を伸ばし、一つ上の受験生と競い合うレベルに達することができました。

受験期に入り勉強が本格化すると、古文や地理といった理系が苦手意識を持ちやすい科目を習う機会が増えましたが、東進の季節講習講座を活用し短期で効率の良い学習ができました。受験期後半は過去問演習、志望校別単元ジャンル演習講座といった添削機能のある講座を中心に、記述問題対策に努めました。

直前期になり、自分の目標点を具体的に設定すると、共通テストでの苦手分野をあぶりだすことができ、それらを一つずつ克服していくことで完成に近づいていくことができました。

これから大学生として今までより自分自身の行動を自分で選択する場面が増えていくと思いますが、様々な経験を通じて将来の夢を確立したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私立大学の受験スケジュールは本番のパフォーマンスに影響してくるので、担任の先生とよく相談して決めることができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

僕の現状について親身になって話を聞いてくださるので、困ったことがあったら担任助手の先生に相談していました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

早期から繰り返し受験する模試なので、自分の実力を短いスパンで確認することができ、今後の学習計画の見直しに繋げることができます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

一年生の12月の時点で周りのライバル達と差が開いているのを感じ、塾の入学を決意しましたが、冬季はどの塾も発展的な内容を扱っており、基礎から学習したいという要望に合っていなかったので、映像による授業の東進を選びました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングでは、友達や担任助手の方と今後の学習計画を話し合い、モチベーションの向上に努めました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

僕にとって、部活は高校生活の半分を占める大切な活動だったので、低学年のうちは部活優先で取り組みました。勉強との両立は大変でした、高速マスター基礎力養成講座と受講に励み、受験期に備えました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

緊急事態宣言発令に伴って一人で勉強する機会が増えると、自分に甘くなってしまうことがあったが、ノルマを設けてそれを達成していくことで受講完了を達成できました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

学校の間は友達と遊び、放課後になってから真剣に勉強する習慣をつけ、自分自身のモチベーションを切り替えられるようにしました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

北海道大学は総合進学制で、入りたい学部が決まっていない自分にとって最適だと思い志望しました。また、慣れない地で自分自身の力で生活することへの憧れも志望理由の大きな一因となっています。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

ひとりで思い詰めても結果は好転しないので、常にポジティブに行動することが大事だと思います。特に入試本番はメンタルが強く、本番で、もてる力を出し切れる人が合格できるのだと思いました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学在学中に豊かな経験を積み重ね、将来について具体的な目標を持つことが夢です。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
個性的でわかりやすい先生が多く、映像による授業でありながらライブ感のある授業を受けることができました。

高速マスター基礎力養成講座
自分の苦手分野に合わせて出題範囲を選択することができるので、単語帳を開くことが億劫になってしまっている人におすすめです。

過去問演習講座
演習結果を一覧表示することができるので、自分の長所短所を把握して学習を進めることができます。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
教科書内容を理解するのに最適で、難しい技術を使わずに難問を解く術を教わることができました。

【 スタンダード化学 理論化学 】
各反応を分類した公式を用いて現象を理解できるので、初見の問題に対してテクニックを用いて解くことができるようになりました。

北海道大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12