合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

山本敏史くん

東進ハイスクール三軒茶屋校

出身校: 学習院高等科

東進入学時期: 高1・10月

この体験記の関連キーワード

受験勉強を早めに始めることが大切

 東進での受験生活は、大変でありつつもやりがいの多いものでした。東進への入学は国語の弱さが理由でした。小さい時から国語、特に現代文が苦手だったにもかかわらず、大好きな化学ばかり勉強していた僕が高1の10月に「全国統一高校生テスト」でたたき出した国語の点数は35点。80分で現代文のみを回答したものの、偏差値は30台でした。さすがにまずいと思った僕は入学を決意し、国語力の強化に取り組んだのです。

講座を受け始めてすぐの段階では、成績の伸びは実感できなかったものの、成長は後に受験する模試で明らかとなりました。特に苦手意識を持っていた記述式の問題でも点がもらえるようになり、夢だった東京大学も視野に入ってきたのです。その後は古文・漢文も一から東進で教わり、見事合格を勝ち取ることができました。

これからは夢だった東京大学で得意とする化学を伸ばし、有用な研究をしたいと考えています。成績とは目に見える形で素直に伸びてくれるものではありません。模試を受験しても依然と大差ない成績だったり、むしろ悪化していたりすることさえあります。しかし、ひたむきに努力を続けているのであれば、学力は間違いなく伸びているのです。僕自身「頑張っているのに成績が伸びない」ということがあり、辛かった時期もありました。そんな時には担任の先生や担任助手の方に泣きついてみるのもよいでしょう。勉強法を見直しその正しさが実感できれば、夢への道しるべを得られるのです。

最後に、受験勉強を早めに始めることを強く勧めておきたいと思います。成績の伸びも勉強の計画も、常に思い描いた通りになるとは限りません。時には停滞したり、頓挫することもあるのです。そこまで見据えたうえでの余裕を持った学習には、時間的余裕が必要です。皆さんが担任の先生とこまめに計画を練り直し、最適なルートで志望校に合格されることを願っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習計画に遅れが生じてしまったときにも、その都度一緒に計画を組み直していただけました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎週のグループ・ミーティングで勉強の進捗や調子等を確認していただき、モチベーションを維持していただきました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

基礎基本となる共通テスト形式の模試を連続受験することで、自分の基礎力を知ることができます。

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業を活用して自分のペースで進めることができ、苦手分野の挽回も狙えると聞き入学しました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

不安などを担任助手の方やメンバーに共有することで、一緒に不安を乗り越えることができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ大学を志望する友達と話をすることで、刺激を受けていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

東京大学の進路振り分け制度に惹かれました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

ただ賢くなれるだけでなく、人間的にも大きく成長できるチャンスを秘めたもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

化学に興味を持っているので、さらに勉強を重ねて化学を得意にし、世界にとって有用な研究等に取り組みたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
林先生をはじめとした、他の追随を許さないほどの授業を展開する講師たちが勢ぞろいです。わかりやすく効率的な学習を進めることができました。

スモールステップカリキュラム
多彩な難易度の講座が用意されているおかげで、苦手だった現代文や、未修に等しかった古典も無理なく習得することができました。

過去問演習講座
自分では採点しづらく、何点取ることができるのかがわかりづらい過去問演習ですが、懇切丁寧な採点のおかげで自分の実力を知ることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
すべて記述式で自己採点が困難であり、配点も不明瞭な東大入試ですが、調査に裏打ちされた配点と丁寧な採点のおかげで不安なく進めることができました。

【 高2ハイレベル現代文トレーニング 】
林先生による緻密かつ正当な現代文の解法を学んだことで、大きく現代文の成績を伸ばすことができました。東大入試の現代文にも大いに役立ちました。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 21