合格

ぞくぞく公開中!1546人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
文系

no image

写真

鮏川未来さん

東進ハイスクールつくば校

出身校: 並木中等教育学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: 英語部/茶華道部 副部長/部員

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

自分の選択に自信と責任を持って強い気持ちで勉強して

 私が大学に合格して最初に思ったのは「やっと終わった」という達成感と安堵でした。本格的に受験勉強をし始めてから約一年間はあっという間だったような気もしますが、国立前期試験付近や合格発表日までは一日千秋の思いでした。

これから受験に向かっていく方々に私が最も伝えたいことは、選択に自信と責任を持って、強い気持ちで勉強することです。精神面は問題ない、結局は勉強することがとにかく一番だと思う方も多いでしょう。しかし、精神面も受験勉強においてはとても大切です。私はもともと別の大学が第一志望で、共通テストまで勉強していました。家族との話し合いで大学を変えるように言われたこともあります。それで面談時間がとても長くなったことも多々あります。このように迷いながら勉強していた時期は、集中して取り組んでいるつもりでもストレスや不安から上手くいかなかったり、効率が悪くなったりしていたと後から思いました。進路に迷っている人はもちろん、決まっている人でも上手くいかなくて悩むことがあるのではないでしょうか。そんな時は家族や友人、担任助手の方など誰かに話をして気持ちを切り替えた方が良いと思います。気づかないうちに効率が下がっていたり、ミスが増えたりする原因になっているかもしれません。話してみて、どうしたいか、どう頑張るかがはっきりしたらあとは目標に向かって突き進むのみです。

次に、出来るだけ捨て科目を作らないことも大切です。これは私が学校でもたびたび言われていたことなのですが、苦手な教科が救ってくれることもあります。私自身、共通テストの時に得意教科で失敗して、苦手な教科で過去最高を取りました。多くの教科を勉強するのは大変ですが、これからの学習は教科の垣根を越えたものになると言われ、試験問題でも他教科の内容が話に出てくることもあるので、是非諦めずに勉強してみてください。勉強は受験で終わりでないので、私もこれから私の将来に向かって精進していこうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私の成績や受講状況から客観的に見てもらえたのがとても助かりました。講座の取り方もアドバイスをいただき、講座をうまく活用できたと思います。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験が近くなってくるにつれて様々な不安や悩みもありましたが、親身に何度も話を聞いてもらえたのでとても支えになりました。担任助手の方の体験談が私と重なるところがあったのでとてもためになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

様々な教科の試験を一度に受けたり、私の立ち位置を確認したり、苦手を見つけたりするのにいい機会だと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

講座や学習環境が受験対策に良いと思ったこと、模試を何度か受けたことがあったこと、友人も多く通っていたこと、最寄りの駅からのアクセスが良かったこと等です。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングでの小テストで確認できて良かったです。同じ志望を目指す同級生と意見交換したり、頑張っている姿を見たりするのはモチベーションの維持につながりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

英語部は英語でディベートをしていたので英語の学習や時事問題の理解にとても役立ちました。茶華道部では所作が丁寧になったり、異文化交流によって他国や自国の文化に親しむことが出来ました。文化祭ではクラス企画や実行委員で協力して働く力、マネジメント能力、計画的に考える力がつきました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

進路で両親と揉めた時が一番つらかったです。友人、学校の先生、同じ志望校だった仲間、東進の担任の先生や担任助手の方に相談して乗り超えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

私のいい結果を見ることでモチベーションが上がりました。他の人に志望大学について話すのもプレッシャーにもなりますがやる気は出ます。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

興味が様々な分野にあったので総合大学にしたいと思ったことと先生に勧められたことがきっかけです。最初は何となくでしたが過去問を解くうちに面白いと思えたことや、同じ志望校の人と話をすることで気持ちが強まりました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

とても大変で辛い反面楽しいことも多々ありました。受験期間中は辛い、長いと思うことが多いですが終わると達成感があります。本気で目標に向かって、今までの力を総動員して挑める良い機会です。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

総合学域群のため分野が確定していないので、大学では一年のうちに様々な分野に触れて視野を広げつつ、私の将来の道を見定めたいと思っています。多分野に渡る学習や広い視野を活かした働きがしたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
10年分の過去問に取り組むことができて、アドバイス付きの採点を受けられ、しっかりとした解説授業がついてくる点がおすすめです。これをちゃんとやり切ると自信にもなるし、力もつきます。二周目でも採点がしっかり帰ってきてとても良いです。

確認テスト
受講後に一回一回確認できるのは私の理解度が客観的に分かって良いと思いました。ポイント確認にもなるので頭の整理にも役立ちます。

担任指導
面談で私の状況を分析して客観的に考えられたことがとても良かったです。担任助手の方とのグループ・ミーティングは同じ志望の人と話せたり、担任助手の方に相談に乗ってもらえたりしてとても支えになりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京大学(文科) 】
10年分解けることと採点や解説授業が受けられることは受験勉強で一番役に立ったと思います。5年分の併願校対策も同様です。

【 東大対策国語 】
文章の読み方や解答の作り方が良く身につきます。過去問を解く前に受講しておくと実際に過去問を解き始めたときにかなりスムーズに行けると思います。他の大学や共通テスト、学校の試験でも国語が解きやすくなった感覚があります。

【 難関国立大対策数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
二次試験での数学の問題の解き方が身につきます。いきなり解答解説に入るのではなく、考え方から入るのがこの講座のポイントです。他の問題への応用もしやすいですし、考え方をノートにまとめておくと試験前に見返して安心できます。

筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5